Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2008/11/25 - 2008/11/27

ヨーロッパバロック演劇舞台・劇場構造に関する研究会

早稲田大学にて開催

主催: 早稲田大学演劇博物館グローバルCOE 日本演劇研究コース

共催: チェコセンター

講師: パヴェル・スラフコ氏(チェスキークルムロフ城博物館・館長)

通訳: ペトル・ホリー氏(チェコセンター所長・グローバルCOE研究協力者)

*入場無料・予約不要

使用言語: チェコ語(逐次通訳有り)

 

[概要]

ヨーロッパバロック劇場舞台の形成とその構造的特色について、現存する数少ないバロック舞台の代表例となる舞台を擁するチェスキークルムロフ代博物館館長パヴェル・スラフコ氏による講義および日本・中国の古典演劇舞台との比較を行なう。

 

○第一回 2008年11月25日(火) 15時~18時

  会場: 早稲田大学早稲田キャンパス26号館(大隈記念タワー)地下一階 多目的講義室

タイトル「チェスキークルムロフ場内劇場修復の20年の考察」

内容: 保存の意味と状態、機能的な劇場博物館という形への改修について。多くの写真使用を用いて、舞台装置、装飾、設備、以前の状態、改修の模様などを紹介する。

 

○第二回  2008年11月26日(水) 15:30~18:30

 会場: 早稲田大学早稲田キャンパス26号館(大隈記念タワー)3階302会議室

 タイトル「17,18世紀の劇場照明: ろうそく芯による照明の実験、バロック時代のイルミネーション考察」

 内容: 17,18世紀の舞台における照明の類型学について。チェスキークルムロフやその他ヨーロッパの劇場に残る照明関連資料および照明実験の写真を交えて、講義する。

 

○第三回  2008年11月27日(木) 15時~18時

 会場: 早稲田大学早稲田キャンパス26号館(大隈記念タワー)3階302会議室

 タイトル「マシネリー: チェスキークルムロフ場内劇場のバロック時代の技術、歴史的劇場における効果機材について」

内容: 公演の模様を写真やビデオ映像で紹介する。

 

お問い合わせ: 早稲田大学演劇博物館 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

From: 2008/11/25
To: 2008/11/27

主催:

Divadelní muzeum Univerzity Waseda


リマインダー
開催日を過ぎています