Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2016/09/21 - 2016/10/31

アルフォンス・ムハ      ~祖国チェコへの想い~ (9/21~10/31 チェコセンター東京)

パリ滞在中に制作した作品により一躍有名になり、フランス語名の「ミュシャ」として広く知られるようになった、チェコの画家・グラフィックデザイナー・イラストレーターのアルフォンス・ムハは、その栄光を捨て1910年に自身の愛国心を表現できる故郷に戻りました。この展覧会では、最初のチェコスロバキアの切手や、リトグラフ、絵はがき、チェコ国家行事のイラストやポスターなど、母国チェコへの想いを込めた作品をご覧いただきます。

会期:2016年9月21日(水)~10月31日(月) 10:00~17:00 (土日・祝日休館)

場所:チェコ共和国大使館内 チェコセンター 展示室

(150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14)

オープニング:9月21日(水)19時~(18時半開場)

協力:OGATAコレクション蔵 尾形 寿行 / 株式会社文化企画

 

アールヌーヴォー様式を代表する画家・グラフィックデザイナー・イラストレーターの一人、アルフォンス・ムハ(1860-1939)は、モラヴィアのイヴァンチツェに生まれます。パリ滞在中に、著名な舞台女優サラ・ベルナールが主演する戯曲『ジスモンダ』のポスターを手がけたことで名声を博し、その後も彼女と六年間の契約を結び、数多くのポスターや挿絵を制作しました。

しかしその栄光を捨て、1910年、愛国者アルフォンス・ムハはスラヴ諸国の文化の伝道に尽力することを決意し故郷に戻り、特に彼の生涯の夢であったスラヴ民族の歴史を綴った大規模な連作『スラヴ叙事詩』を制作します。(連作『スラヴ叙事詩』全20作が来春、国立新美術館で初公開されます。詳細はこちらhttp://www.nact.jp/exhibition_special/ )
本展では、1910年以降のチェコ時代にデザインされ、チェコをモチーフにした最初のチェコスロバキアの切手や紙幣、商品パッケージ、ポスター、カレンダー、本の挿絵の他、彼の愛国心に溢れた作品をご覧いただきます。

 

 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

From: 2016/09/21
To: 2016/10/31

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています