Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2016/07/02 - 2016/09/04

-チャペックからチェコ・コミックまで-東欧の絵本大国「チェコ絵本をめぐる旅」(7/2~9/4、兵庫県芦屋市立美術博物館)

兵庫県芦屋市立美術博物館でチェコ絵本の展覧会が催されます。パヴェル・コジーネク氏の講演会も開催されますので、よろしければ足をお運びください。

 

開催日:2016年7月2日 ~2016年9月4日

開館時間:午前10時-午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(ただし、7/18は開館、7/19は休館)

開催場所:芦屋市立美術博物館(〒659-0052 兵庫県芦屋市伊勢町12-25)

観覧料:一般700(560)円、大高生500(400)円、中学生以下無料

主催:芦屋市立美術博物館

後援:チェコ共和国大使館、チェコセンター東京

公式サイト:http://ashiya-museum.jp/

 

講演会 「チェコ絵本の中の潮流―チェコ・コミックと日本のマンガ」

日 時:7月2日(土)午後2時~3時半

講 師:パヴェル・コジーネク(チェコ共和国科学アカデミー・文学研究所)※通訳付き

定 員:80名

参加費:無料(ただし要観覧券)

※都合により講師、講演内容が変更になる場合がございます。

 


 

どこか懐かしさを感じさせる手作り感と、洗練されたデザインで人気を集めるチェコの絵本。20世紀初期から邦訳が出版され、岩波少年文庫のロングセラーとなっている『長い長いお医者さんの話』や、かわいらしい愛犬の写真をアレンジした絵本『ダーシェンカ』などを生み出したチャペック兄弟、そして牧歌的な魅力を持つチェコの国民的絵本作家ヨゼフ・ラダの作品は、こうしたチェコ絵本人気の先駆けとなりました。さらに、人形アニメーションへの関心とともに、イジー・トゥルンカなどの絵本が紹介され、今日まで根強いファンを持っています。

古くは『世界図絵』にまで遡る長い伝統を持つチェコの絵本は、現在もなお、チェコ独自の民族色や民話の世界に裏打ちされながらも、新しいデザイン感覚やコミック、写真マンガなどの手法を取り入れて創作する若い世代の才能溢れる作家を輩出しており、ボローニャ国際絵本見本市などでも高い評価を得ています。

本展では、作家15名による絵本原画やリトグラフ、絵コンテ、デッサン、制作過程の資料や絵本など約150点を通して、チャペックなどチェコ絵本の伝統を築いた草創期の巨匠から、近年チェコで注目を集めている最新鋭の作家たちの創作まで、日本とのつながりを含めながら、その幅広く奥深い魅力をご紹介いたします。

(公式サイトより)

開催場所:
12-25 Isecho, Ashiya, Hyogo Prefecture 659-0052
日時:

From: 2016/07/02
To: 2016/09/04

主催:

České centrum je spoluorganizátor akce


リマインダー
開催日を過ぎています