Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2019/03/20 19:00

ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク監督追悼上映会『ほうきに乗った女の子』(3/20、チェコセンター)

2月5日に、映画監督・脚本家として活躍したヴァーツラフ・ヴォルリーチェク氏が88歳で亡くなりました。数多くの作品を手がけた監督を偲び、追悼上映会を開催いたします。

追悼上映会「ほうきに乗った女の子」

上映日時:2019年3月20日(水)19:00~(18:30開場)
     *上映開始後の入場はできかねますのでご注意ください。

会場:チェコ共和国大使館映写室(東京都渋谷区広尾2-16-14)
主催:チェコセンター東京
共催:チェコ共和国大使館
協力:NFA、国立映画アーカイブ

入場無料

 

■参加ご希望の方は下記URLよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/79ijcZv6xiQtnZU52

※お申し込み後、改めてチェコセンターよりご連絡いたします。
 3日以内(土・日・祝日を除く)に連絡がない場合はチェコセンターまでご連絡ください。
 cctokyo@czech.cz TEL03-3400-8129

 

■お問合せ・人数変更・キャンセルのご連絡
チェコセンター cctokyo@czech.cz

 

「ほうきに乗った女の子」

チェコスロバキア/1971年/76分/コメディー

原題:Dívka na koštěti
監督:ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク
脚本:ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク、ヘルミーナ・フランコヴァー、ミロシュ・マコウレク

出演:ペトラ・チェルノツカー、ヤン・フルシーンスキー、ヤン・クラウス、フランチシェク・フィリポフスキー、
   ヴラジミール・メンシーク ほか

《チェコ語音声、日本語字幕付》

 

サクサナは魔法学校に通う女の子。300年の居残りを命じられた放課後のこと、44時間だけ人間の世界に行ける魔法を使って逃げ出してしまう。サクサナの魔法のせいで人間界は大騒ぎに…。全編にトリック撮影を多用したスクールコメディー。

 


 

ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク Václav Vorlíček

1930年プラハ生まれ。プラハ芸術アカデミー映画学部卒。依頼、映画だけでなく数多くのTVシリーズも制作。コメディーやおとぎ話などの娯楽作品を得意としていた。代表作は、漫画と実写が混ざり合った『ジェシーを狙うのは誰だ?』(1966)、クリスマスの定番作品となったおとぎ話『ポペルカのための3つのナッツ』(1973)、今回の上映作品である『ほうきに乗った女の子』(1971)など。

2017年にはカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭ではチェコ映画への貢献に対するプレジデント賞を受賞。

2019年2月5日、プラハにて逝去。88歳。

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2019/03/20 19:00

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています