Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2010/04/28 19:30 - 21:30

第14回チェコ映画鑑賞会カレルゼマンアニメーション一挙3本上映

チェコセンターにて開催

巨匠カレル・ゼマン生誕100周年を記念して、一挙3本上映致します。日本語字幕での上映となります。

 

 

第14回映画鑑賞会

 

開催日: 2010年4月28日(水) 19時30分開演 (開場 19時)

      *開演後の入場はできませんので、ご注意ください。

 

場所: チェコ大使館内映写室 

 

入場: 無料

 

お申し込み: チェコセンター(cctokyo@czech.cz) までメールにて

        お名前と人数をお知らせください。 

 

 

 

上映作品 

 

POHÁDKA O HONZÍKOVI A MAŘENCE (ホンジークとマジェンカ)

 

原案・美術・演出: カレル・ゼマン/チェコ/1980年/66分/アニメーション/カラー/日本語字幕 

 

解説:

立ちはだかる障害を魔法で切り抜けたり、3人の妖精に助言を与えられながら世界を旅するホンジーク。ある日、ホンジークは妖精マジェンカに出会い、恋に落ちる。しかし、二人の愛を試す苦難が次々と襲い掛かる。

多くの年代記は伝説や戦争の話ばかりで、愛や幸せについては書かれていないと語る本作は、真実の愛と戦争のない生活を望む祈りにも似た作品。口ずさみたくなるような牧歌的な音楽とロマンス。切り紙アニメで描く、ゼマン最後の長編。

 

 

KŘEČEK (ハムスター)

 

脚本・演出・美術: カレル・ゼマン/チェコ/1946年/8分/アニメーション/白黒/日本語字幕 

 

解説: 

動物たちが棲んでいる庭を洪水が襲う。皆で力を合わせて堤防を築き始める。木材がなくなると、自らの家まで壊して建材を提供したり、餓えをしのぐため、各自の食べ物を平等に分担したりして、共同作業に取り組む。ところが、ハムスターだけはそしらぬ顔で自分の財産を守るのに必死。しかし、意地悪いハムスターは財産と共に水の底へ。。。

プロパガンダめいた初期の短編。

 

 

PODKOVA PRO ŠTĚSTÍ (幸運の蹄鉄)

 

原案・脚本・美術・撮影・演出: カレル・ゼマン/チェコ/1946年/5分/アニメーション/白黒/日本語字幕

 

解説:

公園を散歩していたプロコウク氏は、幸運が降り注ぐと伝えられる蹄鉄を見つける。玄関に取り付けると家に幸運が訪れると言われて取り付けるが、幸運どころか蹄鉄をめぐって事件だらけ。ある時、新聞でごみのリサイクル広告を目にする。戦争で弱った工業に蹄鉄を利用することで、何か新しい物を作ることができるのではと思いつき、リサイクル収集所へと出かけるが。。。

この作品でゼマンは、後に皮肉めいた社会的なシリーズ作品に登場するキャラクター、おっちょこちょいだけど憎めないプロコウク氏を創り出す。

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2010/04/28 19:30 - 21:30

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています