Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2010/06/30 19:30 - 21:30

第17回映画鑑賞会「ヴァレーリエと不思議な一週間」

チェコセンターにて開催

第17回チェコ映画鑑賞会 

 

上映作品: VALÉRIE A TÝDEN DIVŮ

       (ヴァレーリエと不思議な一週間) 

 

原作: ヴィーチェスラフ・ネズヴァル

監督: ヤロミル・イレシュ

脚本: ヤロミル・イレシュ、エステル・クルンバホヴァー

カメラ: ヤン・チュジーク

美術: エステル・クルンバホヴァー

音楽: ルボシュ・フィシェル

 

チェコ/1970年/ファンタジー、ホラー/77分 

 

チェコ語音声・日本語字幕 

 

 

<解説>

1960年代後半のチェコ映画にはなくてはならない存在であった映画製作者エステル・クルンバホヴァー脚本による、いわゆるチェコ・ニューウェーブの最後の映画とされるのが、この作品。

元夫のヤン・ニェメッツ監督によって撮影されるはずであったが、1968年から彼は映画を撮ることを禁じられたため、ヤロミル・イレシュが監督を務めた。

この作品はチェコのどの時代と比較しても、最も際立っている作品の一つであり、クルンバホヴァーに唯一匹敵するのは、ヤン・シュヴァンクマイエルくらいであろう。

 

チェコの文豪ヴィーチェスラフ・ネズヴァルの同タイトルの小説(1932年著)を元に映画化。

不条理を描き、全編にシュールレアリスムの怪しげな雰囲気が漂う。

チェコセンター所長ペトル・ホリー大絶賛の映画。

 

 

上映日時: 2010年6月30日(水) 開場19時 開演19時30分

       * 開演後の入場はできませんので、ご注意ください

 

場所: チェコ大使館内映写室

 

入場: 無料

 

お申し込みは、チェコセンター(cctokyo@czech.cz) まで、お名前と人数をお知らせください。

 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2010/06/30 19:30 - 21:30

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています