Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2015/03/02 19:00

監督、緊急来日! 映画 「シュガー・ブルース」上映会

世界各国で話題沸騰のチェコのドキュメンタリー映画上映のお知らせです。

3人の子どもの母親であり、「より健康的な」世界を求めてたたかう女性。
彼女の映画は、視覚的要素、ユーモア、随筆的アプローチではっきりとしてきちんとした描き方をしています。5年間のたたかいを終えて、まさに私たちの砂糖と甘い生活への嗜好について、彼女は個人的調査による恐怖映画を作り上げました。その映画の名前は「シュガー・ブルース(CUKR BLOG)」。

チェコ人女性の監督がみずからの体験をもとに製作したドキュメンタリー映画「シュガー・ブルース」は大きな話題となっています。
3月2日よりプラハと33の都市で 行われる、人間の権利をテーマにした国際ドキュメンタリー映画祭「ONE WORLD (JEDEN SVĚT)」での上映が決まっています。

この映画の監督アンドレア・ツルコヴァーの来日にあわせて、チェコセンターでも、急きょこの作品を上映をいたします。当日は監督みずからのご案内でご鑑賞いただけます。

映画の詳細はこちら

 


作 品 「シュガー・ブルース」
              (原題:Sugar Blues、アンドレア・ツルコヴァー監督、79分、チェコ、2014年)

日 時 2015年3月2日(月) 19:00開演(18:30開場)
             *開演後の入場はできかねますのでご注意ください。

場 所 チェコ大使館内 映写室

英語・チェコ語、入場無料

お申込は、チェコセンター(cctokyo@czech.cz)まで、メールでお名前と人数をお知らせください。
皆様のご来場お待ちしております。

 

<作品紹介>
砂糖は、有害薬物なのではないか? 監督のアンドレア・ツルコヴァーはそう考えている。彼女は糖尿病と診断されたとき、自分が妊娠したときに身体が砂糖を欲するようになっていることに気付いた。精製されていない砂糖の入った商品を店頭で探しつづけた5年間が、ドキュメンタ リー映画を製作するエネルギーとなった。監督は世界中のあらゆる場所での因果関係をしらべ、製糖産業の拡大と食べることの選択を図式化した。その結果、彼女が暴きだしたのは、病気や行動障害と、過剰な砂糖消費量のあいだにある、信じがたい関連性だった。甘い生活は、どの程度まで私たちの文明のエンジンとなりうるだろうか?

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2015/03/02 19:00

主催:

České centrum je spoluorganizátor akce


リマインダー
開催日を過ぎています