Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2008/03/03 10:00 - 2008/03/21 17:00

写真展「無防備な憂い漂う建築」

チェコセンターにて開催

チェコで大変人気のある建築紹介番組 Šumná města が元となった写真展がついに東京へやってきます!

 

会期: 2008年3月3日~3月21日

場所: チェコセンター 多目的ホール

開館時間: 平日10時~17時 (最終入場16時30分)

入場料: 無料 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

写真展 「無防備な憂い漂う建築 2003-2007」

 

チェコ国内には他国にはないような美しい歴史的建造物が多く存在し、チェコ人はそのことを誇りに感じています。しかし、修復されているのはその一部で、建造物の中には、完全に崩壊していないまでも徐々に崩れかけていたり、無配慮な建て増しが行なわれているため、誇らしく思えなくなったり、ついには恥ずかしくさえ思えるようになってきているものもある。しかし、実際には恥ずかしく思うような建造物はそう多くはない。しかも、我々が気に留めずにきた憂い漂うそのような建造物は実のところ、素晴らしい芸術家によるものである場合が多い。ひどい状況は、旧ズデーテン地方に見られる。例えば、大理石の墓標をたたえた新古典主義の貴重な墓地の真ん中にプールが建設されているといった光景だ。最近完成した図書館やシナゴーグを併設した複合ビルから、数百メートルと離れていない場所である。

この展覧会は大きな成功を収めたテレビ番組シリーズ Šumná města が元になっている。番組監督ラドヴァン・リプスと建築家ダヴィット・ヴァーヴラが色々な場所の建築遺産を訪ね、紹介するという番組である。彼らは一般的な建造物、例えば、お城、宮殿、要塞、ゴシックやバロックの教会や祭壇、可愛くて心地よい建物などは取り上げない。ここ何年も誰にも関心を持たれていたなかったような19、20世紀の建造物や、問題を抱えていたり、荒廃していたりするような都市計画を廻るというテーマを掲げている。

 

ズデニェク・ルケシュ

建築研究家  

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

From: 2008/03/03 10:00
To: 2008/03/21 17:00

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています