Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2016/07/20

シュガー・ブルースSugar Blues (7/20、チェコ共和国大使館 映写室) 

昨年チェコセンターで上映したアンドレア・ツルコヴァー監督のドキュメンタリー映画「シュガー・ブルース」が注目を集め、7月23日より渋谷アップリンクほか全国で順次公開されることが決まりました。それに先立って、7月20日に再びチェコセンターで上映会を行いますので、みなさまぜひお越しください。

作 品: 「シュガー・ブルース」

              (原題:Sugar Blues、アンドレア・ツルコヴァー監督、81分、2014年)

日 時: 2016年7月20日(水)

後援:チェコ共和国大使館

協力:チェコセンター東京

場所:駐日チェコ共和国大使館 映写室

   (東京都渋谷区広尾2-16-14)

入場料:無料 ※要事前予約 

A.(昼の回)【開場】13:30 【開演】14:00 

B.(夜の回)【開場】18:30 【開演】19:00 

※アンドレア・ツルコヴァー監督の舞台挨拶を実施予定

 

配給:T&Kテレフィルム

お申し込みはチェコセンター東京 cctokyo@czech.cz まで、ご希望の上映回と人数、お名前をお知らせください。

 

公式サイト:http://www.sugar-blues.com/ 

 

<作品紹介>

 砂糖は、有害薬物なのではないか? 監督のアンドレア・ツルコヴァーはそう考えている。彼女は糖尿病と診断されたとき、自分が妊娠したときに身体が砂糖を欲するようになっていることに気付いた。精製されていない砂糖の入った商品を店頭で探しつづけた5年間が、ドキュメンタ リー映画を製作するエネルギーとなった。監督は世界中のあらゆる場所での因果関係をしらべ、製糖産業の拡大と食べることの選択を図式化した。その結果、彼女が暴きだしたのは、病気や行動障害と、過剰な砂糖消費量のあいだにある、信じがたい関連性だった。甘い生活は、どの程度まで私たちの文明のエンジンとなりうるだろうか?(公式サイトより)

(c)2014 GOLDEN DAWN/配給:T&Kテレフィルム

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2016/07/20

主催:

České centrum je spoluorganizátor akce


リマインダー
開催日を過ぎています