Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2017/02/09 19:00 - 2017/02/16 21:00

ドキュメンタリー映画特集 ヘレナ・トゥジェシュチーコヴァー監督

1975年から60本以上の映画を撮り続けているチェコのドキュメンタリー監督特集。トゥジェシュチーコヴァーは、長期にわたり、人間の運命を観察し続けてきました。 2007年には、短期間ではありますが、文化大臣を担当しました。『René』という作品では、グランプリアルテ2008にてヨーロッパ映画アカデミー賞を(EFA)を受賞しました。今回の来日では、自身の作品を監督本人が自ら、紹介する大変貴重な機会となります。

日時:2017年2月9日(木)、14日(火)、16日(木)各回19:00~(18:30開場)
会場:駐日チェコ共和国大使館 映写室(東京都渋谷区広尾2-16-14)
入場無料
※映画はすべて 本編チェコ語、英語字幕付きです。
※ご参加をご希望の方は、お名前と人数、ご連絡先をチェコセンター東京(cctokyo@czech.cz)までお知らせください。

 

 

 

  •   『Mallory』2月9日(木)

13年間にわたって、重度の薬物中毒を克服していく女性を追ったドキュメンタリー。一度はホームレスになってしまうが、更生し普通の生活に必死に戻ろうとする女性の運命を描きます。更正していく中で、世の中のエッジ(端)に住む人々を支援する彼女の姿には心を打たれます。この映画は、誰もがあなたの人生を変えることが出来るという希望を教えてくれます。

 

 

  •  『Doomed Beauty』2月14日(火)

リダ・バーロヴァは若く魅力的な女優として1940年代にチェコスロヴァキアとドイツで多数の映画に出演し一躍、映画スターになります。彼女は第2次世界大戦中、ナチスドイツの宣伝大臣、ゲッペルスの恋人となり、この事実は世間を賑わすスキャンダルに発展しました。古代悲劇をモチーフに破壊的な愛の物語とスターの座から落ちた女性の孤独像を映し出します。

 

 

 

  • 『Private Universe』2月16日(木)

1970年から37年間、チェコの家族の歴史をたどるドキュメンタリー映画。歴史的な出来事の背景に、「プライベートな空間」に主に焦点を当てた、弾圧の時代に生きた人々の物語です。静かな家庭生活、子どもの誕生から成長、人間の生活のユニークさと華やかさを描きます。

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

From: 2017/02/09 19:00
To: 2017/02/16 21:00

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています