Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2014/03/01 0:00 - 2014/05/18 0:00

クヴィエタ・パツォウスカー展 ‐Paper Talks 紙のおしゃべり‐

ちひろ美術館にて、クヴィエタ・パツォウスカー展が開催されます。 クヴィエタ・パツォウスカー展 -Paper Talks 紙のおしゃべり- 会場:ちひろ美術館・東京 会期:2014年3月1日(日)~5月18日(日)

クヴィエタ・パツォウスカー展 -Paper Talks 紙のおしゃべり-

会場:ちひろ美術館・東京

(〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2)

会期:2014年3月1日(日)~5月18日(日)

主催:ちひろ美術館

後援:チェコ共和国大使館、(一社)日本国際児童図書評議会、日本児童図書出版界、(社)日本図書館協会、

CZECH CENTRE TOKYO、杉並区教育委員会、中野区、西東京市教育委員会、練馬区、武蔵野市教育委員会

 

<概要>

チェコの女性アーティスト、クヴィエタ・パツォウスカーは、鮮やかな色彩感覚と自由な造形感覚で見るものを魅了します。85歳の今なお意欲的に創作を続け、ページを切り抜いたり、異なる紙を貼ったり、つなげたりと、絵本の概念を超えた作品づくりを行っています。

本展では、『すずの兵隊』(1985年)から『日々の色』(2010年)まで9冊の絵本の原画や、紙の小さな彫刻ともいえるオブジェなどを展示し、その遊び心と斬新なアイデアにあふれた世界を紹介します。

また、ちひろ美術館のコレクションの他、特別に作家本人からお借りした近作も多数展示します。

未邦訳のパツォウスカーの原書の数々も、手にとってお楽しみいただけます。

 

【クヴィエタ・パツォウスカー (Květa Pacovská 1928-)】

プラハに生まれる。父はオペラ歌手、母は外国語教師。本と絵と音楽に囲まれて子ども時代を過ごすが、ナチスの台頭によりユダヤ人の父が殺され、13歳から4年間は学校に通えなかった。第二次世界大戦後、奨学金を得てプラハの応用美術学校に入学。チェコにキュビスムを持ち込んだ画家、エミール・フィラのもとで学び、バウハウス思想に共鳴。鋭敏な色感と自由な発想で、絵本のほか、タブローや立体の制作も多い。1992年国際アンデルセン賞画家賞など国際的な賞の受賞多数。

 

詳しくは、ちひろ美術館HP

(http://www.chihiro.jp/)をご覧ください。

 

開催場所:

日時:

From: 2014/03/01 0:00
To: 2014/05/18 0:00

主催:

プログラム

2010/12/03

チェコ文学講演会②「"Moravians - Morawaaan!"あるいは、ヤナーチェクをめぐる一考察"」

チェコセンターにて開催

チェコ文学講演会②

「"Moravany!--Morawaaan!" あるいは、ヤナーチェクをめぐる一考察」

 

村上春樹の小説『1Q84』で一躍脚光をあびたモラヴィアの作曲家

レオシュ・ヤナーチェク(1854-1928)。

フォークロア的要素を取り入れた作品を数多く手がけたことで知られている

作曲家の言葉に対する感覚や言語観について、彼の記した文章を

手がかりに検討していきます。

 

 

講師: 阿部賢一氏 

 

1972年東京生まれ。東京外国語大学卒業後、カレル大学、

パリ第4大学に留学。現在、立教大学文学部准教授。

専門はプラハの都市文化。

著書に「イジー・コラーシュの詩学」(成文社2006年)、訳書に、

エマヌエル・フリンタ「プラハ カフカの街」(成文社2008年)、

ボフミル・フラバル「わたしは英国王に給仕した」(河出書房新社、

2010年)など。

 

 

開催日: 2010年12月3日(金) 19時~20時30分 (18時30分開場)

      *開演後の入場はできませんので、ご注意ください。 

 

場所: チェコ大使館内映写室 

 

入場: 無料

 

お申し込みはチェコセンター(cctokyo@czech.cz) までメールにて

お名前と人数をお知らせください。 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2010/12/03

主催:

チェコセンター

プログラム

2010/04/14

講演会 「現代チェコジャズ入門 ~チェコジャズを楽しもう~」

チェコセンターにて開催

講演タイトル 「現代チェコジャズ入門 ~チェコジャズを楽しもう~」

 

 

開催日: 2010年4月14日(水) 開演19時 (開場 18時30分)

     *開演後の入場はできませんので、ご注意ください。

 

場所: チェコ大使館内映写室 

 

入場: 無料 

 

お申し込み: チェコセンター(cctokyo@czech.cz) までメールにて

        お名前と人数をお知らせください。 

 

 

 

<概要>

 

音のソムリエが、上質なジャズの宝庫チェコより厳選した旬のミュージシャンと作品を、試聴を中心に多数ご紹介下さいます。

また、プラハのお薦めジャズスポットなど、チェコジャズの楽しみ方も教えて頂きます。 

 

 

講師: 小林 寛 氏

 

音のソムリエ。ザビエル・レコード代表。

80's ポップスによる洋楽の洗礼を受けて以来、「ワクワクする」音楽を求め、ジャンルを問わず世界中のあらゆる音楽を探求。

特にヨーロッパ・インディーズ音楽シーンに注目。

1998年よりネットを通じてコアな音楽ファンへ情報を発信、

2000年にオンラインCDショップ「ザビエル・レコード」設立。

ジャンルに拘らず、上質で「ワクワクする」音楽の普及に努めている。

 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2010/04/14

主催:

チェコセンター

プログラム

2010/04/27

講演会「トゥーゲンハット邸および現代チェコ建築」

チェコセンターにて開催

 

講演タイトル: 「トゥーゲンハット邸および現代チェコ建築」

 

講師: Mr. Petr Pelčák (建築家 1963年ブルノ市生まれ)

        Mr. Tomáš Rusín (建築家 1962年オストラヴァ市生まれ)

        Mr. Ivan Wahla (建築家 1962年チェスキー・チェシーン市生まれ)

        Mr. Aleš Burian (建築家 1956年ブルノ市生まれ)

        Ms. Zdeňka Vydrová  (建築家 1958年ズリーン市生まれ)

        Mr. Osamu Okamura  (建築家 1973年生まれ) 

 

 

<概要>

 

チェコ(主にブルノ市)にて活躍する建築家たちによるチェコ建築特別講演会。

それぞれの建築家が10枚程度の写真を用い、プレゼンテーション形式で、標題に添って、様々な角度からチェコ建築を語ります。

 

トゥーゲンハット邸(チェコ・ブルノ市):

  ユネスコ世界遺産にも登録されているミース・ファン・デル・ローエ設計の20世紀モダン建築物の代表作。 

 

 

使用言語: チェコ語 (日本語逐次訳あり) 

 

 

 

開催日: 2010年4月27日(火)  開演19時 (開場 18時30分) 

      *開演後の入場はできませんので、ご注意ください。

 

会場: チェコ大使館内映写室 

 

入場: 無料 

 

お申し込み: チェコセンター(cctokyo@czech.cz) までお名前と

        人数をお知らせください。 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2010/04/27

主催:

チェコセンター

54 55 56 57 58 59

カレンダー

パートナー