Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』邦訳出版記念イベント

11月20日(水)19時から、チェコセンターにてヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』(阿部賢一訳、人文書院、2019年)邦訳出版記念イベントを開催します。ビロード革命から30周年を迎えた今年、戯曲家であり、チェコ共和国初代大統領を務めたヴァーツラフ・ハヴェルの代表的な著作『力なき者たちの力』が阿部賢一氏(東京大学)の訳で人文書院から刊行されました。これを記念して、訳者の阿部賢一氏、そして中東欧の政治史をご専門とする福田宏氏(成城大学)をお招きし、ヴァーツラフ・ハヴェルの今日的意義について、それぞれの立場からお話しいただきます。

第27回キネコ国際映画祭

日本最大規模の子ども映画祭「キネコ国際映画祭」が11月1日(金)~ 5日(火)にかけて東京・二子玉川で開催されます。本映画祭は今年で27回目を迎え、世界中の映画はもちろん、ワークショップやアウトドアイベントなど多彩なプログラムを楽しむことができます。チェコからは短編アニメーション2作品が上映されるほか、チェコブースにてパヴェル・ベドナージュ氏によるワークショップ・人形劇の上演も行なわれます。ブースでは、このほかにもチェコの絵本や塗り絵をご用意してお待ちしております。11月最初の連休に、ぜひお出かけください。

ヤン・スヴェラーク監督作品上映会「コーリャ 愛のプラハ」

11月13日(水)、チェコ共和国大使館映写室にてヤン・スヴェラーク監督作品「コーリャ 愛のプラハ」(1996)を上映いたします。舞台は民主化直前のチェコスロヴァキア。気ままな中年チェリストのロウカが、ひょんなことからチェコ語を話さない5歳の男の子コーリャの世話をすることになり…。ふたりの交流を描いた心温まる作品は、第69回アカデミー賞外国語映画賞など数々の賞に輝きました。ビロード革命から30周年の節目となる今年、当時のチェコの様子を映画で振り返ってみるのはいかがでしょうか。

第3回ヨーロッパ文芸フェスティバル

第3回となるヨーロッパ文芸フェスティバルが、11月2日(土)~4日(月・祝)に駐日欧州連合代表部ほか各所で開催されます。朗読や対談、パネルディスカッションなどを通じて、ヨーロッパ各国の注目作家や作品を知ることができるイベントです。今回、チェコからは作家パヴェル・ブリッチ氏をお招きし、パネルディスカッションにご登壇いただくほか、邦訳本『夜な夜な天使は舞い降りる』をはじめとした作品をご紹介いただきます。イベントは要事前申込、参加無料です。

国際シンポジウム「ファウストの文化史」

10月27日(日)東京藝術大学にて、シンポジウム「ファウストの文化史」が開催されます。美術、音楽、演劇をはじめとする様々な分野の専門家が登壇し、今も進化・変容し続けているダイナミックな素材としての「ファウスト」について発表を行ないます。また、チェコを代表する人形劇団・アルファ劇場による『ヨハネス・ドクトル・ファウスト』の実演も予定されています。世界的にも貴重なこの機会をぜひお見逃しなく。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

カレンダー

パートナー