Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

チェコ映画特集「チェコ映画の全貌」福岡上映(2/1~2/25、福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ)

昨年「日本におけるチェコ文化年2017」関連事業として東京と京都で行われたチェコ映画特集の巡回上映が福岡で行われます。 1931年の『土曜から日曜へ』から1978年の『アデラ/ニック・カーター、プラハの対決』まで、18本(17プログラム)のチェコ映画が上映されます。すべて日本語字幕付きです。ぜひこの機会をお見逃しなく。

「チェコ・コミックの100年~歴史の中のコミック・コミックの中の歴史」展(1/29~2/28、チェコセンター展示室)

今年2018年は、チェコスロバキア建国から100年です。これを記念し、チェコセンターでチェコ・コミックの100年をテーマにした展示を開催いたします。建国100周年に際し、当時の出版物やコミックスを通じて、これまでのチェコ・コミックの歴史を振り返りながら、重要な歴史上の出来事をどのようにチェコ・コミックが捉えてきたのかを紹介します。開催初日には本展の監修者による講演会と展覧会オープニングを行うほか、漫画と実写が混ざり合ったユニークな映画「ジェシーを狙うのは誰だ」の上映も予定されています。

映画上映会「ジェシーを狙うのは誰だ?」(2/16、チェコ大使館映写室)

1月29日より開催の「チェコ・コミックの100年~歴史の中のコミック・コミックの中の歴史」展の関連イベントとして、漫画と実写が混ざり合ったユニークな映画「ジェシーを狙うのは誰だ」の上映会を行います。展示に監修協力いただいた作家のジャン・ガスパール・パーレニーチェク氏をゲストとしてお招きする予定です。ぜひお越しください。

「神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展」(1/6~3/11、Bunkamura ザ・ミュージアム)

プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552~1612)は稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知られています。本展ではジュゼッペ・アルチンボルドを初め、ルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝の、時に魔術的とも言える魅力に満ちた創造と科学の世界をご覧いただけます。福岡市美術館に続いての展示となり、佐川美術館(滋賀)での展示も予定されています。

監督来日!ドキュメンタリー映画上映会(1/19、チェコ大使館映写室)

監督の春菜・ホンコップ氏をお招きし、ドキュメンタリー映画「Built To Last ―共産主義建築の遺物」(2017)と「True or False」(2016)の上映会を行います。両作品とも国際映画祭で賞を獲得しています。

22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カレンダー

パートナー