Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

クリスマスコンサート「ヤクブ・ヤン・リバ:チェコのクリスマスミサ」(12/17、カトリック洗足教会)

チェコでは毎年クリスマスの時期になると様々な場所で聴くことができるヤン・ヤクブ・リバのクリスマス・ミサを、リバ・クリスマス祝祭管弦楽団と合唱団に加えソリストたちの演奏によってお楽しみいただけます。

第2回ボヘミア・フォーラム「チェコスロヴァキア軍団と日本」(12/16、実践女子大学)

来年8月は、「チェコスロヴァキア軍団の救援」という大義名分のもと、日本が「シベリア出兵」を宣言してから100周年にあたります。 日本とチェコスロヴァキア軍団がどのように接触し、どのような影響を与え合ったのか。このシンポジウムは、日本とチェコ、スロヴァキアに残された記録を検討し、これまで知られていなかった両国の交流史に新たな光を当てる試みです。

「チェコの城と宮殿」展(12/6~1/17、チェコセンター展示室)

10月に松江市で行った「チェコの城と宮殿」展がチェコセンターでご覧いただけます。チェコ共和国には優れた文化財が数多く存在しますが、中でも城や宮殿が極めて良い保存状態で残っていることでも注目されています。上流階級、支配者、貴族などが代々居を構えてきた城館は、ただ美しいだけではなく、建築史においても重要な文化遺産であると言えます。本展はチェコ共和国国立博物館の企画です。ボヘミア地方およびモラヴィア地方の城館の中から16箇所を選りすぐり、写真や歴史資料を展示いたします。

作家ビアンカ・ベロヴァーとの集い(11/25、チェコセンター)

ヨーロッパ文芸フェスティバルにあわせて来日する作家ビアンカ・ベロヴァー氏をお招きして、お話を伺います。本年マグネシネア・リテラ賞とEU文学賞を受賞した『Jezero(湖)』は、スザンナ・ロート翻訳コンテストの課題テクストとしても用いられました。今回は、チェコ語を学習されている方、翻訳に関心を持っている方とともに、チェコ語で語り合う会を設けました。ぜひご参加ください。

チェコ映画特集「日本におけるチェコ文化年2017 チェコ映画の全貌」(11/28~12/24、東京国立近代美術館フィルムセンター)

東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、チェコ国立フィルムアーカイブ(NFA)、チェコセンター東京の主催で、約1ヶ月チェコ映画特集が開催となります。1920年の『大聖堂の建築者』から1978年の『アデラ/ニック・カーター、プラハの対決』まで、7本の無声映画を含む26本(24プログラム)のチェコ映画が上映されます。リアリズムの実験作や大ヒットコメディなど多種多彩なトーキー時代、チェコ・ヌーヴェルヴァーグ、そしてトリック撮影や活劇精神に溢れた1970年代の娯楽作まで、驚きに満ちたチェコ映画の世界を、まとまった形でご覧いただくことができる絶好の機会となります。なお、この企画の中から、京都、福岡でも巡回上映が行われる予定です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

カレンダー

パートナー