Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

イジー・ブルデチュカ監督アニメーション映画上映会(3/19、チェコ共和国大使館)

ジャーナリスト、小説家、脚本家、映画評論家、漫画家、アニメーション監督など、多岐にわたって活躍したイジー・ブルデチュカ(1917-1982)の短編アニメーション映画作品8本を上映いたします。ブルデチュカはイジー・トルンカとともにチェコアニメの礎を作り上げた人物です。1948年から1981年の間に34作ものアニメーション作品を制作し、多くの国際映画祭で賞を獲得しています。今回の上映のために、チェコからブルデチュカ監督の娘であるライターで作家のテレザ・ブルデチュコヴァー氏が来日し、トークも行います。

映画 「皇帝のパン屋・パン屋の皇帝」上映会(2/28、チェコ大使館映写室)-定員に達しました為、お申し込みを締め切らせて頂きました

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」が開催中です。これに関連しルドルフ2世が主人公の映画上映会をBunkamuraで上映いたしますが、好評につき大使館映写室でも追加開催が急遽決定しました!展示をご覧になった方も、これからご覧になる方も、ぜひご来場ください。

ルドルフ2世展での特別上映決定!映画 「皇帝のパン屋・パン屋の皇帝」(2/17・2/24、Bunkamuraザ・ミュージアム)

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて開催中の展覧会「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」の関連イベントとして、ルドルフ2世を主人公とした映画の上映がBunkamuraで行われることになりました。展覧会のチケット(半券可)をお持ちの方限定の上映会となります。ルドルフ2世の世界をぜひお楽しみください。

展示「変わらぬ原作、変わり続ける翻訳 ―日本とK・チャペックの文学」(3/7~3/28、チェコセンター)

今年は、チェコを代表する作家カレル・チャペックの没後80年にあたります。チャペックの作品は、戦前から今日にいたるまで盛んに邦訳され、数多くの読者に親しまれてきました。本展示では、約1世紀にもおよぶ、日本におけるチャペックの翻訳史を回顧し、チャペックの文学を日本の読者に届けた翻訳者にも光を当てます。開催初日には飯島周氏(日本チェコ協会)、阿部賢一氏(東京大学)、竹内涼子氏(平凡社)によるオープニング記念トークも予定しています。ぜひお越しください。

写真展「MY NEW LIFE」が小児がんイベント「みんなで知ろう 小児がんのこと!」で展示されます(2/17、横浜駅催事スペース)

世界共通の大きな課題でもある病・がんにかかった幼い子どもたちをどのようにサポートすれば、患者本人をはじめ家族やその周囲の人々に前向きになってもらうことができるか―チェコの小児がん治療現場で生まれた、小児がん患者たちの姿を写した写真展「MY NEW LIFE」。日本では、2015年に初めて展示を行って以来多くの方にご賛同いただき、ギャラリーや医療機関など5ヶ所で展示が行われてきました。 今回、横浜駅で行われる小児がん啓発イベントで展示が行われることになりました。チェコで初めて展示を行った際には、チェコ国営テレビなど国内外メディアで多数取り上げられ、多くの著名人が来場・後援し、大きな関心が寄せられた写真展です。ぜひご覧ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

カレンダー

パートナー