Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2019/11/20

ヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』邦訳出版記念イベント

11月20日(水)19時から、チェコセンターにてヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』(阿部賢一訳、人文書院、2019年)邦訳出版記念イベントを開催します。ビロード革命から30周年を迎えた今年、戯曲家であり、チェコ共和国初代大統領を務めたヴァーツラフ・ハヴェルの代表的な著作『力なき者たちの力』が阿部賢一氏(東京大学)の訳で人文書院から刊行されました。これを記念して、訳者の阿部賢一氏、そして中東欧の政治史をご専門とする福田宏氏(成城大学)をお招きし、ヴァーツラフ・ハヴェルの今日的意義について、それぞれの立場からお話しいただきます。

 ヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』邦訳出版記念イベント

日時:2019年11月20日(水)19時~
会場:チェコセンター東京
    〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14 チェコ共和国大使館内
    03-3400-8129

入場無料

 

ご好評につきたくさんのお申し込みをいただいております。
ただいまキャンセル待ちを承っておりますので、ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/uJad7LNj7RRSCkNf6

※お申し込み後、改めてチェコセンターよりご連絡いたします。
 3日以内(土・日・祝日を除く)に連絡がない場合はチェコセンターまでご連絡ください。
 cctokyo@czech.cz TEL03-3400-8129

会場の席には限りがございます。
キャンセルや人数のご変更の際は、上記メールまたはお電話にて事前にご連絡を頂けますようお願いいたします。

 

登壇者プロフィール

阿部賢一(あべ けんいち)
1972年東京生まれ。東京外国語大学大学院博士後期課程修了。パリ第四大学(DEA取得)、カレル大学で学ぶ。現在、東京大学人文社会系研究科准教授。専門は、中東欧文学、比較文学。

著書に『イジー・コラーシュの詩学』(成文社、2006年)、『複数形のプラハ』(人文書院、2012年)など。訳書に、オウジェドニーク『エウロペアナ』(共訳、白水社、2014年、第一回日本翻訳大賞)、ベロヴァー『湖』(河出書房新社、2019年)などがある。

 

福田 宏(ふくだ ひろし)
1971年生まれ。成城大学法学部准教授。北海道大学法学部卒業。専門はチェコとスロヴァキアの政治と近現代史。カレル大学哲学部に留学(1996-99年)、在スロヴァキア大使館にて専門調査員(2007-10年)。

 

 

開催場所:

チェコセンター東京

日時:

2019/11/20

主催:

チェコセンター


リマインダー

開催まで