Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2012/05/11

講演会「若き芸術家に贈られるインドジヒ・ハルペツキー賞の歴史とその意義」(開催日: 2012年5月11日19時開演)

チェコセンターにて開催 

 

 

講演会 「若き芸術家に贈られるインドジヒ・ハルペツキー賞の歴史とその意義」 

 

講師: レンカ・リンダウロヴァー (インドジヒ・ハルペツキー協会代表。芸術評論家) 

   *使用言語: チェコ語 (日本語逐語訳あり)

 

5月10日~5月31日までチェコセンターにて開催するマーク・テル展との連動企画。35歳までの若きチェコ人芸術家に贈られるインドジヒ・ハルペツキー賞の審査を務めるインドジヒ・ハルペツキー協会代表レンカ・リンダウロヴァー女史が、1990年に設立され、これまで数々の新進気鋭の若手アーティストを生んだ同賞について、その歴史や意義を語ります。 またマーク・テル展の解説もいたします。

 

*インドジヒ・ハルペツキー賞 :  インドジヒ・ハルペツキー賞は故ヴァーツラフ・ハヴェル元大統領、画家のテオドル・ピシュチェク、詩人で芸術家のイジー・コラーシュのイニシアチブにより19905月(チェコの高名な理論家であり評論家のハルペツキーが逝去した年)に設立された。長年に渡ってチェコで権威ある賞として君臨しており、これまでの受賞者には今や国内外の第一線で活躍する優れた芸術家たちが名を連ねる。2010年11月~12月の森美術館ギャラリー(六本木ヒルズ森タワー53階)での展覧会が記憶に新しいカテジナ・シェダーは2005年のインドジヒ・ハルペツキー賞受賞者である。

 

 

インドジヒ・ハルペツキー賞 www.cjch.cz 

 

 

開催日: 2012年5月11日(金)19時~20時30分 (18時30分開場) 

場所: チェコセンター

入場: 無料

お申し込み: チェコセンターまでメール(cctokyo@czech.cz) にて、お名前、人数を明記の上、お申し込み下さい。

 

 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2012/05/11

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています