Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2020/11/20 - 2020/11/27

第4回ヨーロッパ文芸フェスティバル(オンライン開催)

ヨーロッパ各国の注目作家や作品を知ることができるヨーロッパ文芸フェスティバル。第4回となる今年は「新しい世界、新しい出発」をテーマに、オンラインで開催されます。ヨーロッパ各国の作家や翻訳者が日本の識者と共に朗読やレクチャー、対談、パネルディスカッションに参加します。さまざまなイベントを通じて注目のヨーロッパ人作家や作品を紹介します。チェコは、話題作『シブヤで目覚める』が日本でも出版予定のアンナ・ツィマ氏をお招きし、訳者の阿部賢一氏、須藤輝彦氏とともに作品をご紹介いただきます。また、昨年日本でも邦訳『湖』が刊行されたビアンカ・ベロヴァ―氏の書下ろし短編小説も掲載されます。いずれも無料でお楽しみいただけます。

第4回ヨーロッパ文芸フェスティバル

会期:2020年11月20日(金)~27日(金)
主催:駐日欧州連合(EU)代表部・在日EU加盟国大使館・EUNIC JAPAN(在日EU加盟国文化機関)

事前登録および詳細はこちら:
eulitfest.jp
参加無料・アーカイブ視聴には事前登録が必要です。

 

チェコの参加プログラム


■オンライントークイベント

①11月22 日(日)19:30 - 21:00
日欧パネルディスカッション:Stranger Than Fiction (Part 2)詳細はこちら

登壇者:テレツィア・モーラ(ドイツ)、アンナ・ツィマ(チェコ)、ドラゴマーン・ジェルジ(ハンガリー)、ジャン・カーソン(アイルランド)
司会:平野啓一郎


②11月27日(金)18:00-19:45
朗読&トーク:小椋彩/アンナ・ツィマ/クロージングイベント詳細はこちら

※ポーランドの文学トークにつづく第2部で東京在住のチェコ人作家アンナ・ツィマとチェコ文学翻訳家・研究者の対話をお届けします。
※こちらのイベントは会場(駐日欧州連合代表部)でのライブ参加も可能です。

登壇者:アンナ・ツィマ、阿部賢一、須藤輝彦

《登壇者プロフィール》

アンナ・ツィマ Anna Cima
アンナ・ツィマ(1991年生まれ)はチェコの小説家、翻訳家、イラストレーター。カレル大学哲学部日本研究学科卒。処女作『Probudím se na Šibuji』(仮邦題『シブヤで目覚める』、河出書房新社より2021年刊行予定)はマグネジア・リテラ文学賞新人賞、イジー・オルテン文学賞、「チェコの本」文学賞を受賞。現在は日本在住。



写真提供: Jana Benešová

阿部賢一 Kenichi Abe
1972年、東京生まれ。東京大学人文社会系研究科准教授。チェコを中心とする中東欧の文学・美術、シュルレアリスム、比較文学に関心を寄せている。著書に『複数形のプラハ』(人文書院)、『カレル・タイゲ ポエジーの探求者』(水声社)など、訳書にアイヴァス『もうひとつの街』(河出書房新社)、フラバル『剃髪式』(松籟社)、オウジェドニーク『エウロペアナ 20世紀史概説』(第一回日本翻訳大賞受賞)、セイヤー『プラハ、20世紀の首都 あるシュルレアリスム的な歴史』(以上、共訳、白水社)などがある。

須藤輝彦 Teruhiko Sudo
1988年生まれ。東京大学大学院博士後期課程、ソルボンヌ大学Master 2課程在籍。ミラン・クンデラを中心に、チェコと中東欧の文学・思想を研究中。論文に「亡命期のクンデラと世界文学」(『れにくさ』第8号)、「偶然性と運命」(『スラブ学論集』第20号)、インターネット上の書きものに「燃えるノートルダム」(集英社新書プラス)、「中空プラハ」(個人ブログ)、短篇小説に「中二階の風景」(『シンフォニカ』第2号)、訳書にモラヴィア美術館『美術館って、おもしろい!』(河出書房新社、阿部賢一との共訳)がある。


■期間限定公開・短編小説

2020年12月31日までの限定公開として、ビアンカ・ベロヴァー『忠実なるエミと別離の中で綴られた回文の詩』(阿部賢一訳)をご覧いただけます。
※こちらのベロヴァー氏の作品は、チェコセンターの「コロナ・ストリーズ」プロジェクトのために書き下ろされた作品です。

ビアンカ・ベロヴァー Bianca Bellová
ビアンカ・ベロヴァーは1970年、プラハ生まれ。ブルガリア系移民の血を引く翻訳者・通訳者・作家。2009年、デビュー作 Sentimentálníromán(感傷小説)を刊行、その2年後に発表された中篇 Mrtvýmuž (死人)は批評家から高い評価を得る。2013年、中篇 Celýden se nic nestane (何も起こらない一日)を発表、2016年9月に刊行されたJezero (湖)で2017年にはチェコの最も著名な文学賞であるマグネジア・リテラ賞のCzech Book of the Year(大賞)ならびにEU文学賞を受賞。最新作となる小説Monaが2019年に刊行され、2021年には短編集を出版予定。

開催場所:

Online

日時:

From: 2020/11/20
To: 2020/11/27

主催:

České centrum je spoluorganizátor akce


リマインダー
開催日を過ぎています