Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2017/03/06 10:00 - 2017/03/27 17:00

ヤルミラ・ムハ・プロツコヴァーによる ジュエリー展覧会(3月6日-27日チェコセンター展示室)

画家、アルフォンス・ミュシャの孫にあたるヤルミラ・ムハ(ミュシャ)・プロツコヴァーは、プラハとバルセロナの美術学校で建築とデザインを学びました。 1988年に祖父であるアルフォンス・ミュシャが手掛けたジュエリー、花器、小物のデザインに対する独占権利を相続しました。作家にとって最も大きなインスピレーションの源になったのは工芸美術学校の学生が、工芸品の装飾に使った、1902年にパリで出版されたアルフォンス・ミュシャの集大成Documents Décoratifsですが、それに作家自身の感覚を加え、ユニークな食器、カトラリー、花器などのコレクションが生まれました。さらに、このコレクションに、金や銀の半貴石や、七宝焼きを施したジュエリーが加わりました。花、またその他のオーナメントなどの模様が施され、中でも、「マルシュカ」と名付けられたネックレスの美しさは格別です。このネックレスは、ミュシャが自分の妻(作家の祖母)に贈る結婚式に飾るジュエリーの案として、デザインしたものです。多くのモチーフは、ミュシャがサラ・ベルナールのために描いたポスターや、パリの宝石屋、ジョールジュ・フーケ、プラハ市民会館の市長ホールなどの装飾からインスピレーションを得ています。本展では、作家の作品の全体図とともに、オリジナルのデザイン案をご覧いただけます。

会期:2017年3月6日(月)~3月27日(月)10時~17時(土日祝日を除く)

場所:チェコセンター東京地下展示室

*また、2017年3月6日にはチェコセンター東京にてオープニングパーティーが催されます。(19:30開始、19:15開場)
オープニングパーティーには、作家のヤルミラ・ムハ・プロツコヴァー氏およびキュレーターのヴラスタ・チハーコヴァー氏も参加します。
参加をご希望の方は、お名前と人数を記載の上、チェコセンター東京(cctokyo@czech.cz)までお申し込みください。

 

キュレーター:ヴラスタ・チハーコヴァー

アーティスト詳細(英語): http://www.muchaplockova.com/

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

From: 2017/03/06 10:00
To: 2017/03/27 17:00

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています