Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2016/01/27 19:00

チェコ映画鑑賞会 CZECH THE CINEMA! 「ほうきに乗った女の子」(1/27、チェコ大使館映写室)

2016月最初の上映会は、ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク監督の「ほうきに乗った女の子(Dívka na koštěti)」を上映いたします。

サクサナという魔法使いになりたての女の子がおとぎの国を抜け出し、人間の世界へやってくる。人間とのふれあいの中で色々な経験をし、サクサナが気付き、そして決意することとは…。1971年のチェコ・コメディー、ぜひお見逃しなく。

皆さまのお越しをお待ちしています。

 


 


 「ほうきに乗った女の子」

原題:Dívka na koštěti
監督:ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク(『ジェシーを狙うのは誰だ』『ポペルカのための3つのナッツ』他)
出演:ペトラ・チェルノツカー、ヤン・フルシーンスキー(『ジェラリ』)他
チェコスロバキア/1971年/76分/コメディー 

日時 2016年1月27日(水)19:00開演(18:30開場)
  *開演後の入場はできかねますのでご注意ください。
場所 チェコ大使館 地下映写室
チェコ語(英語字幕)

 入場無料

■お申込は、チェコセンター(cctokyo@czech.cz)まで、メールでお名前と人数をお知らせください。

皆様のご来場お待ちしております。

 

<あらすじ>

サクサナは魔法学校に通う、魔法使いになりたての女の子。ある日の放課後、300年の居残りをさせられているとき、魔法辞典をつかって44時間だけ人間の世界に行ける魔法を使って逃げ出してしまう。サクサナの色々な魔法のせいで人間界は大騒ぎに。サクサナは次第にホンザという男の子に思いを寄せるようになり、おとぎの国に戻りたくなくなってしまう。

人間界に残るには、「バプスケー・ウホ(老婆の耳)」をなんとか手に入れ、煎じて飲まなければならない。実はそれがライラック・セージのことだとは知らないサクサナは、本当に人間の老婆の耳を探すが…。 

 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2016/01/27 19:00

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています