Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2014/10/29 19:00 - 21:00

チェコ映画鑑賞会 CZECH THE CINEMA!「VĚRA 68」

ビロード革命から25年。そして1964年東京五輪から50年。東京五輪の名花と称されたチェコの女子体操選手チャスラフスカのドキュンメンタリー映画をお届けいたします。

本年2014年はビロード革命から25周年にあたります。それを記念して、チェコセンターのチェコ映画上映会CZECH THE CINEMA! では3カ月連続で、ビロード革命をテーマにしたチェコの映画を上映してまいります。

10月は「VĚRA 68」を上映いたします。
東京オリンピックで3つの金メダル、その4年後の1968年メキシコオリンピックで4つの金メダルを獲得したチェコ人女子体操選手のヴェラ・チャスラフスカ。彼女は「二千語宣言」に署名し、それをけっして撤回することはありませんでした。

オリンピック選手としてだけでなく、その後のチェコの政治状況や私生活に影響を受けた彼女の人生が描かれています。ぜひご覧ください。

 


作 品 「VĚRA 68」

監督:オルガ・ソメロヴァー/チェコ/2012年/90分
音楽:アレシュ・ブジェジナ/出演:ヴァーツラフ・ハヴェル、ヴェラ・チャースラフスカー、ヤン・ポトムニェスィル他
*チェコ語、英語字幕
2013年チェコライオン賞ドキュメンタリー部門 ノミネート作品

日 時 2014年10月29日(水) 19:00開演 (18:30開場)
     *開演後の入場はできかねますのでご注意ください。

場 所 チェコ大使館内 映写室

チェコ語(英語字幕)

入場無料 

お申込は、チェコセンター(cctokyo@czech.cz)まで、メールでお名前と人数をお知らせください。
皆様のご来場お待ちしております。

 


作品あらすじ

<解説>  

五輪金メダル7つ、銀メダル4つを含む140枚のメダル。体操選手ベラ・チャスラフスカはチェコスロバキアでもっとも成功した女子アスリートである。何百というライバルが彼女に勝ちたい、あるいはせめて追い付きたいと願った。1968年のメキシコ五輪での感動的な勝利のあと、彼女は世界でもっともすぐれた女子アスリートとなり、当時、この地球上でジャクリーン・ケネディに次ぐ名声を得た女性となった。まさに彼女は世界の頂点にいた。同年、彼女は二千語宣言に署名をし、それを撤回することは決してなかった。しかし、「正常化」の時代、彼女のキャリアの頂点は社会的な転落がとってかわった。そのキャリアが取り戻されたのはようやく20年後。ヴァーツラフ・ハヴェル大統領の大統領補佐官となったことだった。そのさらに数年後、世界でもっとも成功した女性の一人であり、日本の旭日中綬章まで受章した人物は、家族の悲劇によってふたたび社会から姿を消した。そこから彼女が日常生活に戻るまで16年の月日を要した。
2012年70歳になるチャスラフスカの運命をドキュメンタリー映画監督オルガ・ソメロヴァーが撮影。チャスラフスカの人生はチェコスロバキアの歴史の鏡でもあり、チェコ民族の歴史の中で唯一無二の現象なのである。

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

2014/10/29 19:00 - 21:00

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています