Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2020/07/10 - 2020/08/07

日本・チェコ交流100周年展「チェコの書道」(7/10~8/7、チェコセンター)

今年2020年は、日本とチェコスロバキア共和国が外交関係を開設してから100周年にあたります。これを記念し、チェコセンターで書道展を開催いたします。5月に新宿で開催された書道展への出品作品を含む、20点程度のチェコ人書道家の作品と、日本人書道家の作品の合同展示となります。どうぞお気軽にお越しください。

日本・チェコ交流100周年展「チェコの書道」

会期:2020年7月10日(金)~8月7日(金)
   平日10:00~17:00 

会場:チェコセンター東京 展示室
   〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14 チェコ共和国大使館内
   03-3400-8129 

入場無料 

主催:チェコセンター東京
協力:チェコ共和国文化省、アドリア宮殿 ガレリエ・クリティクー、ズデニェク・スクレナーシュ財団、東洋書道芸術学会 

※本展では展示オープニングイベントは開催いたしません。 

展示概要 

日本・チェコ交流100周年を祝い、チェコと日本の書道家による特別書道展示を行います。今年5月に新宿・ヒルトピアアートギャラリーで行われた『第61回破体展』に続いてチェコセンターでの日本・チェコ交流100周年展『チェコの書道』が開催、そして2021年には鳥取県で関連展示が行われる予定です。

チェコ共和国美術批評家・理論家協会とAICAチェコ支部は、数年にわたって定期的に両団体で展覧会を行い、日本の現代書道を体系的に発表してきました。書道はチェコでも熱狂的なファンを生んでいます。 

今回の日本での展示企画に先立ち、チェコでは2017年に特別書道展『Hatai(破体)』と『Posvátná hora Fudži(聖なる山・富士)』、続いて2019年に『Poezie a obraz(詩歌と絵)』が開催されました(於ガレリエ・クリティクー、美術批評家・理論家協会、AICAチェコ支部主催)。

また、 2017年にはチェコと日本の国交回復60周年を記念して定められた「日本におけるチェコ文化年2017/チェコにおける日本文化年2017」に際し、5月にチェコで破体書道作品展が行われました。9月には『聖なる山・富士』をテーマに制作された、墨絵と視覚詩の作品展へと発展しました。反対に日本では、ガレリエ・クリティクーがキュレーションを行った展示『Metaplay プラハ–東京』(チェコセンター)、『喜納洋平・ヨゼフ・アフレル作品展 アナザー・フィールズ』(チェコセンター、人形町ヴィジョンズ)が開催されるなど、両国の文化交流がさかんに行われてきました。 

今回チェコセンターでは、画家・書道家であった故ズデニェク・スクレナーシュ氏と、ペトラ・ヴィタースコヴァー氏の書道教室「IROHA」所属メンバーによる作品をご紹介いたします。日本・チェコ交流100周年の節目に、両国の書道作品をお楽しみ頂ければ幸いです。 

 


 

《ご来館にあたってのお願い》 

感染症拡大防止のため、下記の取り組みについてご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。なお、今後の状況によっては、臨時休館や展覧会・イベントの中止等の可能性もございますので、最新の情報はチェコセンターのウェブサイト・SNSにてご確認ください。 

・マスクの着用をお願いします。スタッフもマスクを着用しご対応いたしますので、ご理解ください。 
・入口での手指の消毒にご協力ください。 
・発熱、咳等の風邪症状のある方はご入場を遠慮願います。(激しく咳き込まれる等の症状のある方には、スタッフがお声がけし、ご退館をお願いする場合がございます)
・観覧の際は、互いに適切な距離(2m程度)を保つようお願いいたします。
・飛沫拡散防止のため、展示室内等での会話はできるだけお控えください。 

 

開催場所:

2-16-14 Hiroo
150-0012 Tokyo, Shibuya-ku
Japan

日時:

From: 2020/07/10
To: 2020/08/07

主催:

チェコセンター


リマインダー
開催日を過ぎています