Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

プログラム

2016/12/20 12:00 - 2017/02/13 17:00

展覧会「アナザー・フィールズ」(2016年12月02日~、人形町ヴィジョンズ/2017年1月16日~、チェコセンター東京)

チェコと日本の国交回復60周年を記念した二国間の文化交流企画の一つとして、「アナザー・フィールズ」展が開催されます。チェコのヨゼフ・アフレルと日本の喜納洋平によるこの展覧会は、東京の人形町ヴィジョンズおよびチェコセンター東京にて順次催されます。

2017年はチェコと日本が国交回復して60周年です。
「アナザー・フィールズ」展は、それを記念する二国による文化交流企画の一つです。
チェコのヨゼフ・アフレルと日本の喜納洋平、二人のアーティストが向き合うこの展覧会を通して、二つの国が、あらためて互いを見つめあう機会になることを願っています。
展覧会は、2016年11月にプラハのギャラリー・クリティックで開催された後、12月には東京の人形町ヴィジョンズで、そして、2017年1月から2月にかけてチェコセンター東京で順次開催されます。

≪人形町ヴィジョンズ≫2016年12月20日(火)~24日(土)12:00  – 19:00 ※日曜祝日休廊、最終日は17:00まで
→人形町ヴィジョンズHP(http://www.visions.jp/

≪チェコセンター東京≫2017年1月16日(月)~2月13日(月)10:00 – 17:00 ※土日・祝日休館

*また、2017年1月16日にはチェコセンター東京にてオープニングパーティーが催されます。(19時開始、18時半開場)
参加をご希望の方は、お名前と人数を記載の上、チェコセンター東京(cctokyo@czech.cz)までお申し込みください。


◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
ヨゼフ・アフレル­―1982年プラハ生まれ。プラハ美術アカデミー(2004年~2010年)を卒業。2007年にプラハのチェコ国立プラハ応用美術大学内の絵画アトリエを訪ねる。2008年にはサンフランシスコでインターンシップを修了し、2013年に北京へ留学する。アーティストグループOBR(現在は活動せず)のメンバーであり、近年は中国にて展覧会を開催する。プラハを拠点に活躍する。

喜納洋平―1979年東京生まれ。東洋美術学校(2001~2004年)を卒業。日本以外においても、2007年にはセルビアのヴォイヴォディナ現代美術館にて展覧会を開催し、2014年と2015年にはチェコ・日本協同の展覧会「メタプレイ プラハ―東京」に参加。東京を拠点に活躍する。
(ギャラリー・クリティックよりhttp://www.galeriekritiku.cz/view/another-fields-1476866580

(J. Achrer,RGB-No_-5-from-the-DATA-series-260-x-210-cm-mixed-media-canvas-2014-824x1024)

(Yohei Kina, Liberty, 2014, acrylic on printed fabric, 162x130cm)

開催場所:

東京都中央区日本橋堀留町2‐2‐9ASビル1F、およびチェコセンター東京

日時:

From: 2016/12/20 12:00
To: 2017/02/13 17:00

主催:

České centrum je spoluorganizátor akce


リマインダー
開催日を過ぎています