Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

すべてのニュース

「チェコ人形劇の三つの顔」展(5/24~6/5、六本木・国立新美術館)

17世紀半ばからの伝統を誇り、独創性と質の高さで知られるチェコの人形劇。その歴史、今後の展望、そして造形技術――チェコ人形劇のもつ三つの顔をご紹介いたします。実物の人形の芸術的な造形や、貴重な関連映像もお楽しみいただけます。 「ミュシャ展」開催を記念し、7月のチェコセンター、11月の飯田市川本喜八郎人形美術館での展示に先駆けて、国立新美術館にて展示を開催いたします。

会期:2017年5月24日(水)~6月5日(月)
                休館日:毎週火曜日

会場:国立新美術館1F 企画展示室1E前スペース(乃木坂駅側)
   東京都港区六本木7-22-2

入場無料(ミュシャ展チケットをお持ちでない方もご覧いただけます)

開館時間:10時~18時
※毎週金曜日は20時まで
※入場は閉館の30分前まで

主な展示内容:
①人形劇の歴史
②人形劇に着想を得た舞台や映像作品、人形芸術家の展望
③実際の人形に触れて親しむ

 


 

今後の巡回予定
2017年7月7日(金)~チェコセンター東京(東京・広尾)
2017年11月2日(木)~飯田市川本喜八郎人形美術館(長野県飯田市)

 詳細が決まり次第チェコセンターのウェブサイトに掲載いたします。