Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

すべてのニュース

マルチン・フラジーク写真展「Japan Everyday」(6/7~6/30、チェコセンター展示室)

2000年の来日以来、日本で活動を続けてきたチェコ人写真家、マルチン・フラジークの写真展を開催いたします。彼の作品の多くは日本各地における日本人の生活に焦点をあてており、日常も非日常も写し出しています。また、今回の展覧会では2011年に東北地方を襲った地震および津波による被害にも言及しています。

会期:2017年6月7日(水)~6月30日(金)

                10:00~17:00(土日、祝日は休館)

場所:チェコセンター東京 展示室 (東京都渋谷区広尾2-16-14)

入場料:無料

【オープニング】 6月7日(水) 19:00~

※オープニングにご参加をご希望の方は、お名前と人数、ご連絡先をチェコセンター東京(cctokyo@czech.cz)までお知らせください。

 


 

Martin Hladík マルチン・フラジーク
http://www.martinhladik.com/
Instagram: martin_hladik


マルチン・フラジークの写真の主なテーマは日常生活における人々である。ハレの日、ケの日、嬉しい日、悲しい日、あらゆる場面にレンズを向けている。社会問題を大きなテーマとして扱っている一方で、祭や日本の伝統的な刺青など特殊なサブカルチャーも撮り続けている。どの場面においても主役となっているのはあくまでも人間であり、その他のものは脇役にすぎない。

ニューヨークにて、チェコ人の写真家であり、世界的評価の高いドキュメント写真の巨匠アントニーン・クラトフヴィールのアシスタントとして写真業を始める。現在はフォトエージェンシー(http://agencymh.com/)とウェブサイト「TATOO  IN JAPAN」(http://www.tattooinjapan.com/)を運営。時間があるときは登山に勤しんでいる。