Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

アート・オブ・クリスマスキャロル2016(12/9、セルバンテス文化センター)

EUNIC Japan は12月9日、「アート・オブ・クリスマスキャロル」第2弾 に皆さんをご招待いたします。EUNIC Japanは昨年、コンサートとクリスマスマーケットを開催し、ヨーロッパのお祝いの心地よい雰囲気を日本の皆さんにお届けしました。今年も昨年と再び同じ雰囲気を再現したいと考えています。さらに今回はより多くのヨーロッパの文化センターや大使館の協力を得られそうです。ヨーロッパの片側から向こう側までのたくさんの国のクリスマスの伝統を発見する旅にぜひご参加ください。伝統的なキャロルを聞きながらクリスマスの精神を実際に感じて、フード&クラフトマーケットではお友だちへのプレゼントを買ってみてはいかがでしょう。皆様のお越しをお待ちしています!

チェコのクリスマスミサ(2016年12月18日、カトリック洗足教会)

チェコでは毎年、クリスマスの時期になると様々な場所で聴くことができるヤン・ヤクブ・リバのクリスマス・ミサを、リバ・クリスマス祝祭管弦楽団と合唱団に加えソリストたちの演奏によってお楽しみいただけます。

第1回 ボヘミア・フォーラム(2016年12月10日、東京大学本郷キャンパス)

ボヘミア/モラヴィア/チェコ/スロヴァキアの歴史、文学、芸術、文化、政治に関心を寄せる人びとの幅広い交流の場となることを目指し、本フォーラムを開催いたします。(ボヘミア・フォーラム準備委員会案内より)

小瀧達郎写真展 METAPHOR カフカとの対話 (2016年12月1~2017年1月28日 千代田区 gallery bauhaus)

2015年、カフカの幻影を求めて旅をした作者のプラハへのオマージュ。 プラハという街を、カフカのメタファー(隠喩)として捉えようと試みた作品。 モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント)作品約40点を展示。(公式サイトより) *同封作品 Praha 2015  ©Tatsuo Kotaki

「熊本大地震復興支援マラソンチャリティーコンサート」(11月11日 東京 霊南坂教会)

さまざまな音楽家たちがバトンを繋ぎ、7月から約20回にわたって開催している「熊本大地震復興支援マラソンチャリティーコンサート」。 11月11日の最終日には、黒沼ユリ子さんらが「津波ヴァイオリン」を演奏するほか、これまでの出演者が集まり、「ガラコンサート」も行ないます。 入場料は全額、熊本YMCAが行なう支援活動のために使わせていただきます。(公式サイトより)

《ムジカ創立40周年記念》J.パズデラ(ヴァイオリン)&志村泉(ピアノ) デュオコンサート「出会いの音 プラハより Ⅶ」 (12月18日 渋谷)

1997年にチェコ・プラハで奇跡的に出会ったふたり。日本やチェコでのデュオコンサートは回を重ねるたびに熟成され、2013年のコンサートは「信頼と共感が生み出す豊かな音楽的対話」と賞賛され、大きな感動を呼びました。 今年、ムジカ創立40周年記念のために特別にチェコからJ・パズデラ氏をお迎えしデュオコンサートを開催します。おふたりの円熟の味わいと、新たな魅力をお楽しみください。(公式サイトより)

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


パートナー