Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

チェコ音楽コンクール2019

今年もチェコ音楽コンクールが開催されます。今年はヴァイオリン、声楽、そしてピアノの3部門で出場者を募集しています。ヴァイオリン部門と声楽部門の予選会は8月22日(木)、ピアノ部門の予選会は8月23日(金)の予定です。本選会は3部門とも9月21日(土)に行われます。

「ありのフェルダとその生みの親オンドジェイ・セコラ」展

チェコの国民的コミックキャラクターである「ありのフェルダ」の作者、オンドジェイ・セコラの生誕120周年を記念し、チェコセンターにて展覧会を開催いたします。イラスト、写真、マリオネットなどの豊富な展示物を通じて、幅広い分野で活躍したセコラの創作活動、そして彼の代表作である「ありのフェルダ」についてご紹介します。

出版社「アルバトロス」プレゼンテーション(7/3~5、チェコセンター)

チェコの児童書の老舗出版社「アルバトロス」が今年で創業70周年を迎えました。これを記念して、7月3日(水)から5日(金)にかけてアルバトロス社から2名が来日し、約150冊の書籍の紹介を行います。期間中はアルバトロス社によるプレゼンテーション、また日本人翻訳家をお招きしたトークイベントも実施いたします。一昨年に東京で約66万人の来場を記録した「ミュシャ展」で展示された大作「スラヴ叙事詩」の世界を楽しめる新刊もご覧頂けますので、ぜひお越しください。

「ミュシャ展 運命の女たち」会期内特別上映会『リトル・マン』(7/7、北海道立函館美術館)

6月29日(土)から北海道立函館美術館で開催予定の「ミュシャ展 運命の女たち」の関連イベントとして、7月7日にラデク・ベラン監督のパペット映画『リトル・マン』が同会場にて上映されます。上映は午前と午後の2回行われます。この機会にぜひお越しください。

スザンナ・ロート翻訳コンテスト2019 結果発表

2019年3月31日に締め切りとなりましたスザンナ・ロート翻訳コンテスト2019の結果をお知らせいたします。

展示「チェコ・デザイン100年の旅」(6/1~7/28、富山県美術館)

岡崎市にて5月まで開催のチェコ・デザイン展が、6月より富山市の富山県美術館でご覧いただけます。チェコ国立プラハ工芸美術館の収蔵品を中心に、アール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャから世界中で愛される現代のアニメーションまで、100年のデザイン史を代表する家具、食器、書籍、ポスター、おもちゃなど約250点が展示され、幅広い魅力を持つチェコの文化をデザインの視点からたどることができます。富山会場では、約20点のアルフォンス・ミュシャ作品も特別展示されます。デザイン展はこのあと、東京・京都にも巡回予定です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー