Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

『憲章 77』 40周年記念講演会(2017年1月24日、チェコ共和国大使館映写室)

憲章77は現代チェコ史の中で最も重要な出来事の一つです。1968年の「プラハの春」事件から約10年が経とうとしていた1977年、正常化体制下の人権抑圧に対する抗議、フサーク指導部が批准したヘルシンキ宣言の人権条項の順守を求める文書が作成されました。共産主義独裁政権の29年後、当局の人権の弾圧があったにも関わらず、多くの署名を集め、憲章77が生まれました。発起人には、後に大統領になる、ヴァーツラフ・ハヴェルもいました。この出来事から40周年を記念して、歴史家で全体主義体制研究所教授であり、多くの書籍や研究発表を行い、また、チェコにおいて憲章77の大規模な展覧会を牽引した、ペトル・ブラジェク博士が来日記念講演会を開催します。

展覧会「アナザー・フィールズ」(2016年12月02日~、人形町ヴィジョンズ/2017年1月16日~、チェコセンター東京)

チェコと日本の国交回復60周年を記念した二国間の文化交流企画の一つとして、「アナザー・フィールズ」展が開催されます。チェコのヨゼフ・アフレルと日本の喜納洋平によるこの展覧会は、東京の人形町ヴィジョンズおよびチェコセンター東京にて順次催されます。

スザンナ・ロート翻訳コンテスト2017

世界各国のチェコセンターが、40歳までの若手翻訳家のための翻訳コンテストを同時開催いたします。

中央ヨーロッパ4カ国(V4*)子ども映画祭(2016年12月3日、東京国立近代美術館フィルムセンター)

中央ヨーロッパ4カ国による、子供のためのアニメ映画祭です。チェコアニメは、「ちびとらちゃん」、「もぐらくんとじどうしゃ」、「アマールカ〜森番をやっつけた日〜」を上映します。 *V4= ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーの4カ国が、各国の友好・協力関係の更なる発展を目指して活動する地域協力機構「ヴィシェグラード・グループ」のこと。

アート・オブ・クリスマスキャロル2016(12/9、セルバンテス文化センター)

EUNIC Japan は12月9日、「アート・オブ・クリスマスキャロル」第2弾 に皆さんをご招待いたします。EUNIC Japanは昨年、コンサートとクリスマスマーケットを開催し、ヨーロッパのお祝いの心地よい雰囲気を日本の皆さんにお届けしました。今年も昨年と再び同じ雰囲気を再現したいと考えています。さらに今回はより多くのヨーロッパの文化センターや大使館の協力を得られそうです。ヨーロッパの片側から向こう側までのたくさんの国のクリスマスの伝統を発見する旅にぜひご参加ください。伝統的なキャロルを聞きながらクリスマスの精神を実際に感じて、フード&クラフトマーケットではお友だちへのプレゼントを買ってみてはいかがでしょう。皆様のお越しをお待ちしています!

チェコのクリスマスミサ(2016年12月18日、カトリック洗足教会)

チェコでは毎年、クリスマスの時期になると様々な場所で聴くことができるヤン・ヤクブ・リバのクリスマス・ミサを、リバ・クリスマス祝祭管弦楽団と合唱団に加えソリストたちの演奏によってお楽しみいただけます。

25 26 27 28 29 30 31 32 33 34


パートナー