Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

小瀧達郎写真展 METAPHOR カフカとの対話 (2016年12月1~2017年1月28日 千代田区 gallery bauhaus)

2015年、カフカの幻影を求めて旅をした作者のプラハへのオマージュ。 プラハという街を、カフカのメタファー(隠喩)として捉えようと試みた作品。 モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント)作品約40点を展示。(公式サイトより) *同封作品 Praha 2015  ©Tatsuo Kotaki

「熊本大地震復興支援マラソンチャリティーコンサート」(11月11日 東京 霊南坂教会)

さまざまな音楽家たちがバトンを繋ぎ、7月から約20回にわたって開催している「熊本大地震復興支援マラソンチャリティーコンサート」。 11月11日の最終日には、黒沼ユリ子さんらが「津波ヴァイオリン」を演奏するほか、これまでの出演者が集まり、「ガラコンサート」も行ないます。 入場料は全額、熊本YMCAが行なう支援活動のために使わせていただきます。(公式サイトより)

《ムジカ創立40周年記念》J.パズデラ(ヴァイオリン)&志村泉(ピアノ) デュオコンサート「出会いの音 プラハより Ⅶ」 (12月18日 渋谷)

1997年にチェコ・プラハで奇跡的に出会ったふたり。日本やチェコでのデュオコンサートは回を重ねるたびに熟成され、2013年のコンサートは「信頼と共感が生み出す豊かな音楽的対話」と賞賛され、大きな感動を呼びました。 今年、ムジカ創立40周年記念のために特別にチェコからJ・パズデラ氏をお迎えしデュオコンサートを開催します。おふたりの円熟の味わいと、新たな魅力をお楽しみください。(公式サイトより)

チェコ・日本交流講演会(11月24日 チェコ大使館映写室)

世界経済が激しく流動する中で、チェコ企業の日本進出と、日本企業のチェコ進出には、目覚ましいものがあります。現在のチェコ・日本両国間の経済交流はどのような状況にあるか、さらに発展するにはどのような方策が必要かを、トマーシュ・ドゥプチェコ共和国大使に率直に語っていただく。

Boni pueri

チェコ少年合唱団「ボニ・プエリ」は、1982年に創立され東ボヘミア地方の中心都市フラデツ・クラロヴェを本拠地とする、ヨーロッパでもっとも有名な音楽団体の一つです。4歳から23歳までの青少年約350名が所属し、少年の声と青年による低音部で、重厚で厚みのある音楽を創りだしています。ヨーロッパの様々な国やアメリカ、アジアで、3500回以上のコンサートを経験し、これまでにホセ・カレーラスやボビー・マクファーリンを含む著名なアーティスト、また世界中の著名なアンサンブルやオーケストラと共演しています。今回3年ぶりの来日となる彼らのクリスマス・コンサートをどうぞお見逃しなく。

ヴァーツラフ・ハヴェル生誕 80周年記念イベント【篠原琢氏・阿部賢一氏による講演会】・【ドキュメンタリー映画「ヴァーツラフ・ハヴェル流の生き方」上映会】

■ヴァーツラフ・ハヴェル講演会(11月30日/12月16日 チェコ共和国大使館映写室) ■ドキュメンタリー映画『ヴァーツラフ・ハヴェル流の生き方』上映会(2016年12月7日チェコ共和国大使館映写室)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー