Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

オンライン講演会「女性作家 B・M・エリアーショヴァー 波乱の幕開け」(7/20、ZOOM)

日本・チェコ間の国交が結ばれるちょうどその頃、「日本の専門家」として来日を果たした B・M・エリアーショヴァー。チェコスロヴァキア公使館での1年半、彼女はひとりの作家として、またチェコ最初の女性旅行家として、何を見たのでしょうか。7月20日(月)、エリアーショヴァーの功績について、ブルナ・ルカーシュ氏(実践女子大学准教授)によるオンライン講演会を開催いたします。お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレットを使って、世界のどこからでもご参加いただけます。

【シリーズ配信】現代のチェコアニメーション(第3弾7/10~7/19、オンライン配信)

チェコセンター主催のオンラインイベントとして、Dafilmsの協力のもと、チェコアニメーションの配信を行います。最終回となる第3弾は、プラハ応用美術大学傑作アニメーション作品集です。

7/13より動画配信開始!朗読で楽しむチェコのお話

ヨゼフ・チャペック『こいぬとこねこのおかしな話』から選りすぐりの4編を、翻訳家の木村有子さんの朗読でお届けします。子どもも大人もわくわくする可愛いお話を、ぜひご自宅でお楽しみください。

「生誕160年記念企画 はじめてのミュシャ」(7/11~8/10、さかい利晶の杜)

大阪府堺市にて、アルフォンス・ミュシャ(ムハ)生誕160年を記念した複製画展示が行われます。ミュシャ作品を楽しみながら、はじめての方でも博物館や美術館に親しめることをテーマに企画された展示です。

「ミュシャ展-アール・ヌーヴォーの華-」(7/11~9/13、秋田県立近代美術館)

2020年は、アール・ヌーヴォーの代表的作家であるアルフォンス・ミュシャ(ムハ、1860-1939)の生誕160年にあたります。本展では、大女優サラ・ベルナールをモデルに描き、ミュシャが一夜にして時代の寵児となったきっかけの作品《ジスモンダ》をはじめ、この度全国初公開となる雑誌の表紙や、東北初公開となる《黄昏》の原寸大直筆デッサン、装飾資料集・装飾人物集のフルセット公開など、あわせて約450点が展示予定です。

日本・チェコ交流100周年展「チェコの書道」(7/10~8/21、チェコセンター)

今年2020年は、日本とチェコスロバキア共和国が外交関係を開設してから100周年にあたります。これを記念し、チェコセンターで書道展を開催いたします。5月に新宿で開催された書道展への出品作品を含む、20点程度のチェコ人書道家の作品と、日本人書道家の作品の合同展示となります。どうぞお気軽にお越しください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー