Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

パヴェル・ベドゥナーシュ×山東大記×ミズテツオ トークショー「アートを考える」(4/18 チェコセンター)

5月10日(金)まで開催中の合同絵画展「日本に来たチェコ人 チェコに行った日本人 二人展」に際しまして、出展作家パヴェル・ベドゥナーシュと山東大記、そして彼らの師である画家・ミズテツオ氏のトークショーを開催いたします。展示作品や、アートについて繰り広げられるトークをお楽しみください。

「チェコ人が描く日本・日本人が描くチェコ ~二人のイラストレータートーク」(4/25、チェコセンター)

チェコと日本、両国のイラストレーターをお招きしてのトークショーを開催いたします。チェコからは、日本の文化や生活の中に潜む面白さを紹介したイラストブック「Pikunikku(ピクニック)」を2017年秋にチェコで出版したモニカ・バウディショヴァー氏をお招きし、チェコ親善アンバサダー2019のひとりに選出されたイラストレーターEriy氏とともに、チェコと日本の魅力について語っていただきます。

ヴラジスラフ・ブラーハ ギターコンサート(4/26、チェコセンター)

ヨーロッパでアメリカ高い評価を受けているチェコのギタリスト、ヴラジスラフ・ブラーハのコンサートを開催いたします。レオシュ・ヤナーチェクやヤロスラフ・イェジェクなどチェコの作曲家による曲目を中心に演奏予定です。ぜひお越しください。

ビアンカ・ベロヴァー『湖』邦訳出版記念イベント(4/24、チェコ大使館)

チェコの権威ある文学賞であるマグネジア・リテラ賞、EU文学賞を受賞し、2017年のスザンナ・ロート翻訳コンテストの課題ともなった小説『湖』が、今年4月に河出書房新社から出版されます。これを記念し、作家ビアンカ・ベロヴァー氏と翻訳を手がけた阿部賢一氏、そしてミュージシャンのアドリアン・T・ベル氏をお迎えしてのイベントを開催いたします。チェコ語・日本語での朗読や作品をめぐるトークを、音楽とともにお楽しみください。4月26日(金)には東京都文京区、27日(土)には京都府上京区の書店でもトークイベントが開催されます。

第25回チェコ語弁論大会開催のお知らせ(6/8、チェコ大使館)

6月8日(土)、チェコ共和国大使館で第25回チェコ語弁論大会が開催されます。応募締切は5月17日(金)です。当日はどなた様もご入場いただけます。

展覧会「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」(2019年7月~2020年11月、全国6会場)

チェコ出身の画家、アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が亡くなって今年で80年。19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの旗手として名を成した彼が後世へ与えた影響をたどる展覧会が今年7月から来年11月にかけて、東京・京都・札幌・名古屋・静岡・松本の6会場で開催されます。 ミュシャ本人の足跡や作品の魅力を紹介しながら、ミュシャ作品から影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどることができる展示です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー