Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

第27回キネコ国際映画祭

日本最大規模の子ども映画祭「キネコ国際映画祭」が11月1日(金)~ 5日(火)にかけて東京・二子玉川で開催されます。本映画祭は今年で27回目を迎え、世界中の映画はもちろん、ワークショップやアウトドアイベントなど多彩なプログラムを楽しむことができます。チェコからは短編アニメーション2作品が上映されるほか、チェコブースにてパヴェル・ベドナージュ氏によるワークショップ・人形劇の上演も行なわれます。ブースでは、このほかにもチェコの絵本や塗り絵をご用意してお待ちしております。11月最初の連休に、ぜひお出かけください。

国際シンポジウム「ファウストの文化史」

10月27日(日)東京藝術大学にて、シンポジウム「ファウストの文化史」が開催されます。美術、音楽、演劇をはじめとする様々な分野の専門家が登壇し、今も進化・変容し続けているダイナミックな素材としての「ファウスト」について発表を行ないます。また、チェコを代表する人形劇団・アルファ劇場による『ヨハネス・ドクトル・ファウスト』の実演も予定されています。世界的にも貴重なこの機会をぜひお見逃しなく。

Workshop loutkového divadla Alfa – Loutka z odpadu

10月25日(金)、チェコセンターにてマリオネット作りのワークショップを開催いたします。作り方を教えてくれるのは、チェコを代表する人形劇団・アルファ劇場の皆さんです。ガーデニング用品で人形を作ったりと、チェコ人形劇の伝統を踏まえながらユニークな取り組みを行なうアルファ劇場と一緒に、今回は、ペットボトルを素材にして人形を作ります。お子様と一緒に奮ってご参加ください。

チェコ映画連続上映

9月21日(土)から、福岡市でフクオカシネアストによるチェコ映画の連続上映が始まりました。今後、2020年2月23日(日)にかけて、計7作品の上映が予定されております。「ひなぎく」の監督ヴェラ・ヒティロヴァーが手掛けた「天井」「袋いっぱいの蚤」など、国内で目にする機会の少ない作品をスクリーンでお楽しみ頂ける貴重な企画です。ぜひ足をお運びください。

展覧会「THE STORY OF CZECH DESIGN ― チェコ・デザインの今」

10月4日(金)より、チェコセンターにて展覧会「THE STORY OF CZECH DESIGN ― チェコ・デザインの今」を開催いたします。1989年、ビロード革命を経て民主化が実現してからわずか30年の間に、チェコのデザインを取り巻く環境は大きな変化を遂げました。本展では、世田谷美術館で開催中の「チェコ・デザイン100年の旅」と並行して、いま世界で注目され始めているチェコのデザインについてご紹介します。

「ミュシャと日本、日本とオルリク」展

9月7日から千葉市美術館にて「ミュシャと日本、日本とオルリク」展が開催されます。2人のチェコ出身作家アルフォンス・ミュシャ(ムハ)とエミール・オルリクに焦点をあて、チェコにおけるジャポニズム、そして関連作家の作品を日本で初めて紹介する展覧会となります。作品を通じて生まれたチェコと日本の東西交流をぜひご覧ください。

6 7 8 9 10 11 12 13 14 15


パートナー