Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

展示室工事のお知らせ

11月2日(金)は終日、チェコセンターの展示室にてエアコンの設置工事が行われることになりました。工事中も、現在開催中の展示「METAMORPHOSIS」「CzechImage」をご覧いただくことはできますが、展示作品の一部撤去や騒音などでご迷惑をおかけする可能性がございます。 ご不便をおかけし申し訳ございませんがご理解くださいますようお願いいたします。

アートフォーラム「チェコArtCampの魅力―ArtCampを通して考えるAIRと美大の協働」(11/9、チェコセンター)

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは、芸術作成を行うアーティストを招聘して行う、滞在型の創作活動プロジェクトのことです。AIRは世界をめぐるアーティストの創作活動の場であり、また国際文化交流においても大切な役割を果たしています。チェコ共和国プルゼニ市の西ボヘミア大学で毎年7月3週間の会期で開催されている「ArtCamp」 は、チェコのみならず世界各国からアーティストや受講生が集まる国際的なサマースクールです。この度は、AIRと美大の協働による国際交流の可能性に焦点をあて、西ボヘミア大学から関係者をお招きし、「ArtCampの神髄」というテーマで講演頂きます。また、今年の参加者(講師、受講生)の活動報告と共に、美大生・若手アーティストの多様な表現を支える仕組み「Y-AIR」 や今後の展開などを議論します。

建国100周年記念連続上映会「火葬人」(11/12、チェコセンター)

今年は、1918年のチェコスロバキア建国から100年。これを記念し、月に1度チェコとスロバキアの名作映画を上映しています。11月の上映はユライ・ヘルツ監督の「火葬人」(1968)です。ぜひお越しください。

講演会「ブルノ・ビエンナーレと日本のデザイナー」(11/5、チェコセンター)

ブルノ国際グラフィック・デザイン・ビエンナーレがはじまったのは1963年のことでした。世界の中でも長い歴史を誇るこのグラフィック・デザインの国際展は、冷戦の時代、デザインを通じて世界の人びとが互いに理解しあい、興隆したいと考えるひとりのデザイナーの思いからはじまったのです。発足以来、日本を代表するグラフィック・デザイナーたちが参加し、グランプリを受賞しており、日本のデザイン史とシンクロしている部分も多いブルノ・ビエンナーレ。これまでにグランプリを受賞した勝井三雄氏、立花文穂氏、ヤスダユミコ氏を迎え、同展覧会で2008年と2010年に美術館スタッフとして関わった増田幸弘氏を聞き手に〈ブルノ・ビエンナーレと日本のデザイナー〉を紹介します。

国際交流ガラス作品展「METAMORPHOSIS」(10/25~11/28、チェコセンター)

富山ガラス造形研究所とスヴィエトラー・ナト・サーザヴォウ芸術アカデミー(チェコ)、チェコセンターによる国際交流展が開催されます。これまでも富山ガラス造形研究所ではチェコから教員を招聘しており、ガラス芸術教育の現場では両国は密に関わってきました。今回、日本・チェコ両校の生徒が同じテーマ(METAMORPHOSIS/変容)で作品制作に臨みました。ガラス作品の芸術性と技術を通してみる両国の交流、ぜひお楽しみください。※展示オープニングは24日(水)開催となります。

学生のためのデザインプロジェクト「CzechImage」受賞者発表

2018年9月30日に締切となりました「CzechImage」の結果をお知らせいたします。建国100周年記念のひとつとして、チェコセンターが企画したこの学生のためのデザインプロジェクトでは、チェコ国内外の若い世代にチェコのイメージ―チェコと言えば何が思い浮かぶか、チェコやチェコ人をどんなもので表せるかをテーマに、日本全国の学生から作品を募りました。10月25日より作品をチェコセンターでご覧いただけます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー