Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

チェコ少女合唱団「イトロ」来日公演

これまでに35回もの国際コンクールで優勝を重ね、「世界最高の少女合唱団」として名高いチェコ少女合唱団「イトロ」が3年ぶりとなる来日を果たし、11月26日(火)に東京都・渋谷区にて公演を行います。「きよしこの夜」等クリスマスの名曲に加え、「新世界より」「モルダウ」などチェコの名曲も盛りだくさんのプログラムとなっております。いつもチェコセンターのウェブサイトやニュースレターをご覧いただいている方には、チケットのお得な割引もございます。この機会にぜひ足をお運びください。

ヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』邦訳出版記念イベント

11月20日(水)19時から、チェコセンターにてヴァーツラフ・ハヴェル『力なき者たちの力』(阿部賢一訳、人文書院、2019年)邦訳出版記念イベントを開催します。ビロード革命から30周年を迎えた今年、戯曲家であり、チェコ共和国初代大統領を務めたヴァーツラフ・ハヴェルの代表的な著作『力なき者たちの力』が阿部賢一氏(東京大学)の訳で人文書院から刊行されました。これを記念して、訳者の阿部賢一氏、そして中東欧の政治史をご専門とする福田宏氏(成城大学)をお招きし、ヴァーツラフ・ハヴェルの今日的意義について、それぞれの立場からお話しいただきます。

第97回外語祭

今年で97回目を迎える東京外国語大学の「外語祭」が、11月20日(水)~24日(日)にかけて府中キャンパスで行なわれます。チェコ語専攻の1年生は屋台でチェコ料理を販売するほか、2年生によるチェコ語劇「Saxana 〜ほうきに乗った女の子〜」(日本語字幕あり)も上演されます。ほかにも外国語大学ならではの国際色豊かな企画が多く、東京にいながら世界中を旅しているような気分を味わうことができます。

ヤン・スヴェラーク監督作品上映会「コーリャ 愛のプラハ」

11月13日(水)、チェコ共和国大使館映写室にてヤン・スヴェラーク監督作品「コーリャ 愛のプラハ」(1996)を上映いたします。舞台は民主化直前のチェコスロヴァキア。気ままな中年チェリストのロウカが、ひょんなことからチェコ語を話さない5歳の男の子コーリャの世話をすることになり…。ふたりの交流を描いた心温まる作品は、第69回アカデミー賞外国語映画賞など数々の賞に輝きました。ビロード革命から30周年の節目となる今年、当時のチェコの様子を映画で振り返ってみるのはいかがでしょうか。

V4中央ヨーロッパ子ども映画祭

チェコ、ポーランド、ハンガリー、スロバキアの4カ国(V4)による、子どものためのアニメ映画祭が今年も開催されます。チェコからは、フィリップ・ジヴィアク監督の最新作「曇り空」(2018)「目覚まし屋」(2017)を上映いたします。各国の上映の合間には休憩もございますので、小さなお子様も安心して楽しむことができます。年に一度のこの機会に、お子様連れでぜひご来場ください。※システム不具合のため、同じページが2つ表示されておりますが、こちらのページをご利用ください。ご不便をおかけして申し訳ございません。

アートフォーラム「チェコ・日本の交流のかたち―アーティスト・イン・レジデンス(AIR)を通した文化交流」

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは、芸術作成を行うアーティストを招聘して行う、滞在型の創作活動プロジェクトのことです。AIRは世界をめぐるアーティストの創作活動の場であり、また国際文化交流においても大切な役割を果たしています。チェコ・プルゼニ市で毎年夏季に開催されている「ArtCamp」に日本からアーティストや学生を派遣するプロジェクトは今年で7年目を迎え、受講者は30名を超えました。本フォーラムでは、来年100周年を迎えるチェコと日本の豊かな交流を振り返るとともに、AIR参加者の体験を通じてプログラムの役割や意義について考えます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー