Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

NEW YORKをつくり続ける9名のクリエイター達による展覧会「NEW YORK, NEW WORK」(2017年2月4日・5日、新宿ルミネゼロ)

NEW YORKを襲った2001年9月11日の出来事から15年間、NEW YORKは再構築を続け、事件発生場所のグラウンド・ゼロには折れた羽根の形をしたモニュメントがオープンしました。モニュメントは傷を負ってもなお美しい人々の‘志し’と‘鎮魂’を象徴しています。 再構築を続けるNEW YORKに影響を受けたクリエイター達。NEW YORKを癒し、NEW YORKを作るアンダーグラウンドのクリエイター9名を「POST 9/11 designers」と名付け、彼らの世界をLUMINE 0で表現。NEW YORKの今の流れを体感することの出来る、またと無い機会です。RIHANNAなどのポップスター達から支持されている、CHRISHABANA(クリスハバナ)がスペースディレクションを手掛け、参加の9ブランドのクリエイター達も本展示に合わせて来日します。(ルミネゼロ公式HP)

松江市 “ノヴィー” コンサートVol.6

島根県松江市の旧田野医院に眠っていた、110年前につくられたチェコのKoch&Korselt製ピアノ。そのピアノは、「ノヴィー」(チェコ語で『新しい』という意味)と名付けられ、皆さんのご協力のもと、再生されました。次のステップとして、再生させていただいた「ノヴィー」の活用に取り組んでいます。 そして、2017年、再生記念式典でも透き通った歌声を披露いただいた、エヴァ・ミクラスさんのコンサートを開催することになりました。このコンサートは、これからのチェコと松江市の友好の懸け橋となることでしょう。

新年明けましておめでとうございます!

本年も皆様にお会いできますことを、スタッフ一同楽しみにしております!

チェコ文化年2017

2017年はチェコと日本が国交回復をして60周年になります。これにあたり、今年1年を日本における「チェコ文化年2017」とし、日本の各地で様々なチェコの文化イベントが開催されます。その中の目玉イベントとして東京の国立新美術館に於ける、「アルフォンス・ムハ スラヴ叙事詩」展が挙げられますが、それ以外も様々な興味深い文化イベントが開催される予定です。詳しい情報はチェコ文化年2017公式サイト(czechculture2017.jp)にてご覧頂けます。 チェコセンター東京でも、随時ご紹介させて頂く予定です。どうぞお楽しみに!

チェコ語講座(2017年1月開講)冬講座のご案内

2017年1月より開始いたします、継続講座のご案内です。昨年4月よりすでに受講中の方はもちろん、前期はお休みされてらした方も合流してご参加いただけます。なお、今回はまったくの初心者の方向けのクラスの開設は致しません。皆様のご参加お待ちしております。

「日本 静かなる力」( 2月3日、チェコ共和国大使館ホール)

2015年6月にチェコと日本のファッション交流の第一歩である、チェコ国立プラハ応用美術大学の服飾デザイン科の学生が「ファッション・アイコン・リサイタル」というプロジェクトで初来日し、小杉早苗教授の協力により、チェコセンター東京で初めての展覧会が開催されました。そして2017年1月の文化ファッション大学院大学で行われるファッション・ウィークに参加する、チェコ国立プラハ応用美術大学の学生たちの作品が、チェコ大使館内のホールに展示され、学生たちがプレゼンテーションを行います。学生たちは日本について徹底的に学び、そこから得たインスピレーションを服で表現しました。チェコファッションの最先端をご覧いただける貴重な機会です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー