Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

展覧会「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」(2019年7月~2020年11月、全国6会場)

チェコ出身の画家、アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が亡くなって今年で80年。19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの旗手として名を成した彼が後世へ与えた影響をたどる展覧会が今年7月から来年11月にかけて、東京・京都・札幌・名古屋・静岡・松本の6会場で開催されます。 ミュシャ本人の足跡や作品の魅力を紹介しながら、ミュシャ作品から影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどることができる展示です。

「日本に来たチェコ人 チェコに行った日本人 二人展」(3/27~5/10、チェコセンター)

日本在住のチェコ人画家 パヴェル・ベドゥナーシュと、その友人でチェコに3か月間滞在した日本人画家 山東大記による合同絵画展をチェコセンターにて開催いたします。昨年千葉県の田園の美術館で発表された展示の巡回展となります。アートでチェコと日本をつなぐ二人の作品をぜひお楽しみください。

展示「チェコ・デザイン100年の旅」(4/6~5/19、岡崎市美術博物館)

愛知県岡崎市にて、日本初の総合的なチェコ・デザイン展が行われます。チェコ国立プラハ工芸美術館の収蔵品を中心に、アール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャから世界中で愛される現代のアニメーションまで、100年のデザイン史を代表する家具、食器、書籍、ポスター、おもちゃなど約250点が展示され、幅広い魅力を持つチェコの文化をデザインの視点からたどることができます。本展はこのあと、富山・東京・京都にも巡回予定です。

ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク監督追悼上映会『ほうきに乗った女の子』(3/20、チェコセンター)

2月5日に、映画監督・脚本家として活躍したヴァーツラフ・ヴォルリーチェク氏が88歳で亡くなりました。数多くの作品を手がけた監督を偲び、追悼上映会を開催いたします。

ミロスラフ・ヴィトウス・トリオ ジャズコンサート(3/7・8、COTTON CLUB)

チェコ出身のジャズベーシスト、ミロスラフ・ヴィトウス(ヴィトウシュ)が25年ぶりに来日し、東京のCOTTON CLUBにてコンサートを行います。今回はエミル・ヴィクリツキー(ピアノ)、イタリア出身のロベルト・ガット(ドラム)とのトリオによる演奏となります。貴重なステージをお見逃しなく!

ヴァーツラフ・シュライフ絵画展「東京で解き放たれて」(2/8~3/15、チェコセンター)

漫画家、画家、イラストレーターとして活動するヴァーツラフ・シュライフの絵画展を開催いたします。昨年、約半年間日本に滞在し、武蔵野美術大学にて研究制作を行った際に、日本の伝統文化や生活などにインスピレーションを受けて描かれた作品をご紹介いたします。ぜひお越しください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


パートナー