Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

すべてのニュース

ミヒャル・ツァーブ「poème électronique - pour le monde」展のご案内(12/11~12/20、遊工房アートスペース)

チェコを拠点に活動しているマルチメディア・アーティストのミヒャル・ツァーブ氏の展示が杉並区の遊工房アートスペースにて開催されます。

「poème électronique - pour le monde」展

日時:12月11日(金) - 12月20日(日) 12:00-19:00
   *月火休廊
会場:遊工房アートスペース
   東京都杉並区善福寺3-2-10

OPENING PARTY:13日(日)18:00-20:00(LIVEを19:00から予定)
CLOSING PARTY:20日(日)19:00-(ピアノとノイズミュージックLIVEを予定)

作家プロフィール|ミヒャル・ツァーブ

ミヒャル・ツァーブ(1980年生まれ)は、プラハ、チェコを拠点に活動しているマルチメディア・アーティストである。彼の芸術実践は、ノイズ型即 興音楽、プログラミング、特定のオーディオヴィジュアル楽器の工作を中心にしている。その他、オープン・ソース・テクノロジーを自身で使用しながら、教え ている。基本的なツールとしてのプログラミング言語、そして「Pure Dataというプログラミング言語の一つを様々な芸術的文脈でどう使われるかについて、プラハの美術大学 (Studio of Intermedia Work III / Tomáš Vaněk School) にて博士号を獲得。時には、演劇やビジュアル・アーツのジャンルで活動している芸術家とのコラボレーションもしている。ライブコーディング・バンド「k- o-l-e-k-t-i-v.github.io」のメンバー。

*欧州文化首都2015Pilsen市 OPEN A.i.R.とのアーティストエクスチェンジプログラムとして実施

詳細は下記をご覧ください。

http://www.youkobo.co.jp/exhibition_events/2015/11/poeme-electronique---pour-le-monde.html