Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

すべてのニュース

マルチン・カルリーチェック ピアノコンサート(8/1、チェコ共和国大使館大ホール)

8月1日にピアニスト、マルチン・カルリーチェック氏のコンサートをチェコ共和国大使館大ホールにて開催いたします。曲目はリストとヤナーチェックです。

日時:2016年8月1日(月)19時~(18時半開場)

会場:チェコ共和国大使館 ホール
      (150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14)

入場:無料(要予約)

 

お申込は、チェコセンター(cctokyo@czech.cz)まで、メールでお名前と人数をお知らせください。

座席数に限りがございますため、先着順で締め切らせていただく場合もございますのであらかじめご了承ください。

 

皆様のご来場お待ちしております。

 

プログラム:

F. Liszt (1811-1886): Invocation

                                    Ave Maria

                                    Bénédiction de Dieu dans la solitude

                                    Funerailles

 

-------------------------------------休憩 ----------------------------------

 

L. Janáček (1854-1928): Po zarostlém chodníčku /On an Overgrown Path Book 2

  1. Andante
  2. Allegretto – Presto
  3. Vivo
  4. Più mosso
  5. Allegro

 

E. Schütt (1856-1933): Koncertní parafráze na motivy Modrého Dunaje J. Strausse / Concert Paraphrase on J. Strauss' Blue Danube Waltz Motives

マルチン・カルリーチェック

カルリーチェクの演奏は「感動的、豊かな音色と繊細さを併せ持ち、様式的にも考え抜かれた、色彩豊かで精確、生き生きしていて、そして常に創造的である。」などと表現された。チェコ、ドイツ、カナダ、アメリカ、日本各地で演奏会、レクチャーを定期的に行っている。

 故郷・チェコの音楽の促進に力を入れているほか、定番の曲から現代曲までピアノソロ、室内楽ともに幅広いレパートリーを持っている。その彼の近年 の活動の一つが、才能に恵まれながらも若くしてこの世を去ったチェコ・カナダ人作曲家、A.Y.スヴォボダ(1977-2004)による全ピアノ曲とチェ ロとピアノのための曲のレコーディングである。F.F.バリル作曲のピアノ協奏曲「Déviations」、D.ブリアンの「Tekeni-Ahsen」 の世界初演、M.マタロン作曲「Las siete Vidas de un Gato」の北米初演を果たすなど現代音楽の演奏にも定評がある。また、2008年にはヴァイオリニスト、白石茉奈とともにデュオ・ヴェンタパーネを、 2011年にはクレオ・トリオを結成し各地にて演奏活動を行っている。

 カルリーチェクはスメタナ国際ピアノコンクール、南ボヘミア国際ピアノコンクール、プラハ・ウィーン・ブダペスト夏期国際アカデミーコンクールに て第1位を獲得。また、数々の国際コンクールにてピアノ・ソロ作品、現代曲及び室内楽曲の演奏によりリスト賞、スメタナ賞、バルトーク賞、ヤナーチェク賞 及びマルティヌー賞を受賞。

 カルリーチェクはチェコ、プラハ音楽アカデミーにて修士課程を修了。その後オランダ、ユトレヒト音楽院を経て、カナダ、マギル大学にて修士課程、博士課程を修了。現在、演奏活動のかたわらマギル大学にてピアノ講師として後進の指導にもあたっている。

(公式サイトより)