Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

すべてのニュース

「チェコ人が描く日本・日本人が描くチェコ ~二人のイラストレータートーク」(4/25、チェコセンター)

チェコと日本、両国のイラストレーターをお招きしてのトークショーを開催いたします。チェコからは、日本の文化や生活の中に潜む面白さを紹介したイラストブック「Pikunikku(ピクニック)」を2017年秋にチェコで出版したモニカ・バウディショヴァー氏をお招きし、チェコ親善アンバサダー2019のひとりに選出されたイラストレーターEriy氏とともに、チェコと日本の魅力について語っていただきます。

チェコ人が描く日本・日本人が描くチェコ ~二人のイラストレータートーク

日時:2019年4月25日(木)19:00~(18:30 開場)
会場:チェコセンター展示室 (東京都渋谷区広尾2-16-14)

入場無料

■参加ご希望の方は下記URLよりお申込みください。
https://forms.gle/anx3wnvDbhAXufSh6

 

※お申し込み後、改めてチェコセンターよりご連絡いたします。
 3日以内(土・日・祝日を除く)に連絡がない場合はチェコセンターまでご連絡ください。
 cctokyo@czech.cz  TEL03-3400-8129

■お問いわせ・人数変更・キャンセルのご連絡
チェコセンター cctokyo@czech.cz

 


 

モニカ・バウディショヴァー Monika Baudišová

1989年プラハ生まれ。グラフィックデザイナーであり、日本語を学ぶ学生でもある。バルセロナでデザインとコミュニケーションを専攻。バルセロナ生まれのジョルディ・トリラとともにユニット「pinkpill」として活動、デザインやアニメーション、イラストなどの制作を手掛けている。
日本では特にピクニック、酔っぱらってのカラオケ、コンビニおにぎり、日本人の発する音が好き。

2017年秋に、日本の文化、食べもの、日常生活の中に潜む面白さやちょっとした驚きを、作者自身の視点から描き出したイラストブック「Pikunikku」をチェコで発表。

https://pinkpilldesign.com/

 

Eriy

千葉県出身。武蔵野美術大学在学中よりイラストレーターとして活動を始める。卒業後は雑貨、アパレルデザイナーを経て、現在はフリーのイラストレーターとして活動中。日本だけではなく海外にも活動の幅を広げている。主に爪楊枝で描くイラストと、ラフなタッチの旅日記を制作。

チェコ親善アンバサダー2019に就任。

https://cocot-eriy.jimdo.com/