Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

すべてのニュース

作家ビアンカ・ベロヴァーとの集い(11/25、チェコセンター)

ヨーロッパ文芸フェスティバルにあわせて来日する作家ビアンカ・ベロヴァー氏をお招きして、お話を伺います。本年マグネシネア・リテラ賞とEU文学賞を受賞した『Jezero(湖)』は、スザンナ・ロート翻訳コンテストの課題テクストとしても用いられました。今回は、チェコ語を学習されている方、翻訳に関心を持っている方とともに、チェコ語で語り合う会を設けました。ぜひご参加ください。

作家ビアンカ・ベロヴァーとの集い

日時:2017年11月25日(土)15:00~17:00
場所:チェコセンター東京(東京都渋谷区広尾2-16-14)

進行:マルケータ・ブルナ=ゲブハルトヴァー(東京外国語大学)、阿部賢一(東京大学)

* 議論は基本的にチェコ語で行ないます。

お申込は、チェコセンター(cctokyo@czech.cz)まで、メールでお名前と人数をお知らせください。

 

ヨーロッパ文芸フェスティバル(11/23~26)につきましてはこちらをご覧ください。

 

ビアンカ・ベロヴァー (Bianca Bellová)

1970年、プラハ生まれ。ブルガリア系移民の血を引く翻訳者・通訳者・作家。2009年、デビュー作 Sentimentálníromán(感傷小説)を刊行、その2年後に発表された中篇 Mrtvý muž (死人)は批評家から高い評価を得る。2013年、中篇 Celý den se nic nestane (何も起こらない一日)を発表、最新作 Jezero (湖) で2017年EU文学賞を受賞。