Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

ニュース

すべてのニュース

チェコ中世音楽グループ「バクフス」、はこだて国際民俗芸術祭に出演

8月4日(月)~8月10日(日)に、北海道・函館市で行われる「はこだて国際民俗芸術祭」に、チェコの音楽グループとして「バクフス」が出演します。 今回が初来日となる「バクフス」は、中世チェコのさまざまな楽器を用いて、当時の衣裳を身にまとい、チェコ国内外で演奏し、好評を博しているグループです。

日本を代表する夏の大型フェスティバル「はこだて国際民俗芸術祭(芸術祭)」は、今年で7回目となり、北海道・函館市内の元町公園会場を中心に、世界各国の民俗芸術団体(アーティスト)が参加し、約1週間にわたって行われます。

2014年8月に行なわれる第007回芸術祭は、8/4(月)に大門グリーンベルトで「前夜祭」、8/5(火)〜8/10(日)に元町公園および旧函館区公会堂前で行なわれます。

このイベントにチェコから「バクフス」が出演します。2006年に結成されたバクフスは、バグパイプ、ショーム、シターン、ギター、リュート、ハープ、ビエール、ドラム、ゲムスホルンといった古来の楽器を実際に使って、歌詞も本来の言語そのままに 歌います。
放浪するジャグラー、トルバドゥール、12〜16世紀にかけてヨーロッパを放浪したエンターテイナーたちの歌や踊りに、新たな生命を吹き込み、魅了するグループです。

 

はこだて国際民俗芸術祭公式サイトはこちら。http://wmdf.org/

「バクフス」公式サイトはこちら。http://www.bakchus.eu/

bakchus