Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

Program

2019/08/29

マリエ・トマノヴァー『Young American』写真集発売記念イベント(8/29、チェコセンター)

ニューヨーク在住のチェコ人写真家マリエ・トマノヴァー氏が今年3月に自身初の写真集『Young American』を発表しました。この写真集の日本での発売開始を記念して、トマノヴァー氏、そして美術史の専門家トーマス・ビーチデル氏によるトークイベントを行います。映像もまじえながら、ジェンダーやアイデンティティなどの新たな概念についてお話し頂きます。この機会にぜひお越しください。

2019/08/21    |    2019/08/26

チェコ・日本 ガラス作品展「METAMORPHOSIS」(8/21~26、富山市ガラス美術館)

昨年秋にチェコセンターにて行われた、富山ガラス造形研究所とスヴィエトラー・ナド・サーザヴォウ芸術アカデミー(チェコ)による国際交流展が、富山県・富山市ガラス美術館に場所を移して開催されます。ガラス芸術教育の現場でチェコと日本は密に関わっており、今回、両国の生徒が同じテーマ(METAMORPHOSIS/変容)で作品制作に臨みました。ガラス作品の芸術性と技術を通してみるチェコと日本の交流、ぜひお楽しみください。

2019/07/13    |    2020/11/29

展覧会「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」(2019年7月~2020年11月、全国6会場)

チェコ出身の画家、アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が亡くなって今年で80年。19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの旗手として名を成した彼が後世へ与えた影響をたどる展覧会が7月13日より東京で始まりました。本展は来年11月にかけて、京都・札幌・名古屋・静岡・松本の5会場を巡回します。 ミュシャ本人の足跡や作品の魅力を紹介しながら、ミュシャ作品から影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどることができる展示です。

2019/08/22    |    2019/09/21

チェコ音楽コンクール2019

今年もチェコ音楽コンクールが開催されます。今年はヴァイオリン、声楽、そしてピアノの3部門で出場者を募集しています。ヴァイオリン部門と声楽部門の予選会は8月22日(木)、ピアノ部門の予選会は8月23日(金)の予定です。本選会は3部門とも9月21日(土)に行われます。

カレンダー

世界のチェコセンター

最新情報

ギャラリー
ビデオ

ギャラリー

08. 08. 2019

SOMOS English Academy

SOMOS English Academyの子供たち向けのチェコのプレゼンテーション

19. 07. 2019

ありのフェルダとその生みの親オンドジェイ・セコラ

チェコの国民的コミックキャラクターである「ありのフェルダ」の作者、オンドジェイ・セコラの生誕120周年を記念し、チェコセンターにて展覧会を開催いたしました。イラスト、写真、マリオネットなどの豊富な展示物を通じて、幅広い分野で活躍したセコラの創作活動、そして彼の代表作である「ありのフェルダ」についてご紹介しました。

05. 07. 2019

出版社「アルバトロス」プレゼンテーション

チェコの児童書の老舗出版社「アルバトロス」が今年で創業70周年を迎えました。これを記念して、7月3日(水)から5日(金)にかけてアルバトロス社から2名が来日し、約150冊の書籍の紹介を行いました。期間中はアルバトロス社によるプレゼンテーション、また日本人翻訳家をお招きしたトークイベントも実施いたしました。

08. 06. 2019

第25回チェコ語弁論大会

6月8日(土)にチェコ共和国大使館で第25回チェコ語弁論大会が開催されました。当日の様子をご覧ください。

ビデオ

Video placehodler