Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

Program

2018/07/30

アルファ劇場人形劇「三銃士」公演(7/30、チェコセンター)

チェコの人形劇は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている大切な文化です。このたび、チェコの大人気劇団アルファ劇場が来日し公演を行います。お贈りするのは不朽の名作「三銃士」。軽快な演技、からくり仕掛け、テンポの良い場面展開に生演奏…チェコ国内外のフェスティバルで数々の賞を受賞し、大人も子どもも魅了する人形劇をぜひご覧ください。

2018/06/27    |    2018/07/20

ヤン・ヴィチャル展「どこに、どこに世界の涙はあるのか?」(6/27~7/20、チェコセンター)

リノリウム版画、木版画、銅版画などで作品制作を行うチェコのグラフィックアーティスト、ヤン・ヴィチャルの展覧会をチェコセンターにて開催中です。今回の展示では、アメリカの詩人サリー・ボールとともに作り上げた新作シリーズ「HOLD」を展示しています。この作品はセアドー・レトキーの詩「迷える息子」の一節「どこに、どこに世界の涙はあるのか?」をテーマとして生み出された作品で、今回の展示タイトルにもなっています。これまで制作された作品も合わせてお楽しみいただけます。

2018/07/27    |    2018/07/29

第1回「A-hoj!新宿」開催!チェコよりアルファ人形劇場とペトル・ニクルが参加します(7/27-7/29、新宿高島屋)

世界の人形劇・音楽・表現が集まる新しい芸術祭「A-hoj!新宿」が新宿髙島屋で開催されます。チェコからはアルファ劇場による人形劇「三銃士」上演と、マルチアーティストであるペトル・ニクル氏のライブドローイングが行われます。入場無料でお楽しみ頂けるイベントですので、ぜひお越しください。

2018/06/25    |    2018/09/30

作品募集/学生のためのデザインプロジェクト「CzechImage」(9/30提出締切)

2018年はチェコスロバキア建国100周年という特別な年です。デザインプロジェクト「CzechImage(チェコのイメージ)」は、100周年記念のひとつとして、チェコセンターが企画したものです。チェコ国内外の若い世代にチェコのイメージ―チェコと言えば何が思い浮かぶか、チェコやチェコ人をどんなもので表せるかを、グラフィックデザインで表現するプロジェクトです。日本全国の学生から作品を募り、選出作品を東京・広尾のチェコセンターの展示室で展示します。また、最優秀作品1点はチェコの首都プラハで他の国の作品と一緒に展示され、受賞者もチェコへご招待いたします。チェコのイメージをグラフィックデザインで伝えてみませんか?ご応募お待ちしております。

2018/06/18    |    2018/12/28

建国100周年記念展示「チェコスロヴァキアの成立 1918/プラハの春 1968」(12月末まで、チェコセンター)

今年2018年は、1918年のチェコスロヴァキア建国から100年、1968年の「プラハの春」から50年にあたります。この重要な二つの年に焦点を当てた特別展示を開催中です。歴史や重要人物について文章と写真、映像などをタッチパネル式のディスプレイでご覧頂くことができます。

2018/07/01    |    2018/09/09

「チャペック兄弟と子どもの世界」(7/1~9/9、芦屋市立美術博物館)

20世紀初頭から活躍したチェコの芸術家、兄ヨゼフ・チャペック(1887-1945)と弟カレル・チャペック(1890-1938)の兄弟。日本でもよく知られている二人の、子どもをテーマにした作品にスポットを当てた展覧会が兵庫県芦屋市でも開幕しました。渋谷区の松涛美術館で行われた展示の巡回展となります。

CZECHIMAGE

世界のチェコセンター

最新情報

ギャラリー
ビデオ

ギャラリー

04. 07. 2018

ヤン・ヴィチャル展「どこに、どこに世界の涙はあるのか?」オープニングイベント...

リノリウム版画、木版画、銅版画などで作品制作を行うチェコのグラフィックアーティスト、ヤン・ヴィチャルの展覧会をチェコセンターにて開催中です。今回の展示では、アメリカの詩人サリー・ボールとともに作り上げた新作シリーズ「HOLD」を展示しています。この作品はセアドー・レトキーの詩「迷える息子」の一節「どこに、どこに世界の涙はあるのか?」をテーマとして生み出された作品で、今回の展示タイトルにもなっています。これまで制作された作品も合わせてお楽しみいただけます。

30. 05. 2018

mini wonders~チェコのおもちゃ 昔と今

チェコのおもちゃが盛んに生産されはじめたのは20世紀初頭。当時生まれたデザインやモチーフが今もなお生き続けると同時に、新しい作家の活躍も目覚ましく、チェコのおもちゃ文化は発展し続けています。この展示は、チェコスロバキア建国100周年記念イベントのひとつとして企画されました。1920年代から現代に至るまで、チェコのおもちゃの歩んできた歴史をご覧頂くことができます。

10. 05. 2018

マレク・スラヴィーク絵画展の展覧会オープニング

チェコの若手アーティスト、マレク・スラヴィークの展覧会をチェコセンター展示室にて開催いたしました。展覧会オープニングの様子です。

09. 04. 2018

展示「プラハの機能主義建築―伝統と現代建築への影響」のオープニング

4月6日に行われた展示「プラハの機能主義建築―伝統と現代建築への影響」のオープニングイベントの写真

ビデオ

Video placehodler