Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

Program

2019/09/27    |    2019/09/29

東京チェコフェスティバル2019

チェコフェスティバルが今年もやってきます!第4回目となる今年は、昨年に引き続き原宿クエストホールにて開催いたします。チェコ関連の雑貨やお酒・飲食物が販売されるほか、ステージプログラムやワークショップも予定されています。ビロード革命から30周年である今年は、東京外国語大学篠原琢教授による記念講演も予定しています。チェコの魅力が詰まった3日間となりますので、皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

2019/11/30    |    2019/12/01

チェコ語能力検定試験(CCE)実施のご案内

カレル大学語学研究所(ÚJOP UK)によるチェコ語能力検定試験(CCE)が、今年も東京で行われます。試験は読解、リスニング、記述、口述、(級により)文法・語彙から成り、チェコ語を母語としない16歳以上の方が対象となります。

2019/09/24    |    2019/12/19

チェコ語講座(2019年9月末開講)のご案内

9月末からのチェコ語講座のご案内です。言語に触れてさらにチェコを身近に感じてみませんか。すでに受講中の方はもちろん、今回から新たに合流する方もご参加いただけます。今学期はまったくの初心者の方向けのクラスは開設いたしません。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2019/09/22    |    2019/09/23

関西チェコフェスティバル

関西の皆様、お待たせしました! 大阪府堺市でのチェコ名誉領事館開館を記念して、関西で第1回チェコフェスティバルが開催されます。会場では、チェコ雑貨や飲食物のブース、またミニコンサートや旅関連のトークなどのステージプログラムをお楽しみ頂けます。チェコ文化の魅力を満喫できる2日間となっておりますので、この機会にお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

2019/07/13    |    2020/11/29

「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」展

チェコ出身の画家、アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が亡くなって今年で80年。19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの旗手として名を成した彼が後世へ与えた影響をたどる展覧会が7月13日より東京で始まりました。本展は来年11月にかけて、京都・札幌・名古屋・静岡・松本の5会場を巡回します。 ミュシャ本人の足跡や作品の魅力を紹介しながら、ミュシャ作品から影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどることができる展示です。

2019/09/14    |    2019/11/10

「チェコ・デザイン100年の旅」展

愛知県、富山県にて盛況のうちに幕を閉じたチェコ・デザイン展が、9月14日より世田谷美術館で開催されます。チェコ国立プラハ工芸美術館の収蔵品を中心に、アール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャから世界中で愛される現代のアニメーションまで、100年のデザイン史を代表する家具、食器、書籍、ポスター、おもちゃなど約250点が展示され、幅広い魅力を持つチェコの文化をデザインの視点からたどることができます。デザイン展はこのあと、京都にも巡回予定です。

カレンダー

世界のチェコセンター

最新情報

ギャラリー
ビデオ

ギャラリー

28. 08. 2019

チェコ・日本 ガラス作品展「METAMORPHOSIS」

昨年秋にチェコセンターにて行われた、富山ガラス造形研究所とスヴィエトラー・ナド・サーザヴォウ芸術アカデミー(チェコ)による国際交流展が、富山県・富山市ガラス美術館に場所を移して開催されました。ガラス芸術教育の現場でチェコと日本は密に関わっており、今回、両国の生徒が同じテーマ(METAMORPHOSIS/変容)で作品制作に臨みました。

08. 08. 2019

SOMOS English Academy

SOMOS English Academyの子供たち向けのチェコのプレゼンテーション

19. 07. 2019

ありのフェルダとその生みの親オンドジェイ・セコラ

チェコの国民的コミックキャラクターである「ありのフェルダ」の作者、オンドジェイ・セコラの生誕120周年を記念し、チェコセンターにて展覧会を開催いたしました。イラスト、写真、マリオネットなどの豊富な展示物を通じて、幅広い分野で活躍したセコラの創作活動、そして彼の代表作である「ありのフェルダ」についてご紹介しました。

05. 07. 2019

出版社「アルバトロス」プレゼンテーション

チェコの児童書の老舗出版社「アルバトロス」が今年で創業70周年を迎えました。これを記念して、7月3日(水)から5日(金)にかけてアルバトロス社から2名が来日し、約150冊の書籍の紹介を行いました。期間中はアルバトロス社によるプレゼンテーション、また日本人翻訳家をお招きしたトークイベントも実施いたしました。

ビデオ

Video placehodler