Česká centra, Czech Centres

Česká centra / Czech centres - logo

Program

2019/05/31    |    2019/07/28

EUフィルムデーズ2019

17回目を迎えるEUフィルムデーズが、東京、京都、広島、そして福岡の4都府県に展開し開催されます。今年のチェコの上映作品は、ワルシャワ条約機構軍のチェコスロヴァキア占領後、今からちょうど50年前の1969年に、自由を訴え焼身自殺をした青年の生涯を描いた『ヤン・パラフ』です。東京会場では、上映時にロベルト・セドラーチェク監督が登壇するほか、スペシャルプログラムとして東京外国語大学篠原琢教授によるレクチャー&監督とのトークも行われます。

2019/06/01    |    2019/07/28

展示「チェコ・デザイン100年の旅」(6/1~7/28、富山県美術館)

6月1日より、富山市の富山県美術館でチェコ・デザイン展を開催中です。チェコ国立プラハ工芸美術館の収蔵品を中心に、アール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャから世界中で愛される現代のアニメーションまで、100年のデザイン史を代表する家具、食器、書籍、ポスター、おもちゃなど約250点が展示され、幅広い魅力を持つチェコの文化をデザインの視点からたどることができます。富山会場では、約20点のアルフォンス・ミュシャ作品も特別展示されています。デザイン展はこのあと、東京・京都にも巡回予定です。

2019/07/13    |    2020/11/29

展覧会「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」(2019年7月~2020年11月、全国6会場)

チェコ出身の画家、アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が亡くなって今年で80年。19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの旗手として名を成した彼が後世へ与えた影響をたどる展覧会が今年7月から来年11月にかけて、東京・京都・札幌・名古屋・静岡・松本の6会場で開催されます。 ミュシャ本人の足跡や作品の魅力を紹介しながら、ミュシャ作品から影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどることができる展示です。

2019/08/22    |    2019/09/21

チェコ音楽コンクール2019

今年もチェコ音楽コンクールが開催されます。今年はヴァイオリン、声楽、そしてピアノの3部門で出場者を募集しています。ヴァイオリン部門と声楽部門の予選会は8月22日(木)、ピアノ部門の予選会は8月23日(金)の予定です。本選会は3部門とも9月21日(土)に行われます。

カレンダー

世界のチェコセンター

最新情報

ギャラリー
ビデオ

ギャラリー

05. 07. 2019

出版社「アルバトロス」プレゼンテーション

チェコの児童書の老舗出版社「アルバトロス」が今年で創業70周年を迎えました。これを記念して、7月3日(水)から5日(金)にかけてアルバトロス社から2名が来日し、約150冊の書籍の紹介を行いました。期間中はアルバトロス社によるプレゼンテーション、また日本人翻訳家をお招きしたトークイベントも実施いたしました。

08. 06. 2019

第25回チェコ語弁論大会

6月8日(土)にチェコ共和国大使館で第25回チェコ語弁論大会が開催されました。当日の様子をご覧ください。

31. 05. 2019

EUフィルムデーズ2019

17回目を迎えたEUフィルムデーズが、東京、京都、広島、そして福岡の4都府県に展開し開催されました。今年のチェコの上映作品は、ワルシャワ条約機構軍のチェコスロヴァキア占領後、今からちょうど50年前の1969年に、自由を訴え焼身自殺をした青年の生涯を描いた『ヤン・パラフ』でした。東京会場では、上映時にロベルト・セドラーチェク監督が登壇して、スペシャルプログラムとして東京外国語大学篠原琢教授によるレクチャー&監督とのトークも行われました。

24. 05. 2019

国際音楽祭「プラハの春」記念コンサート in Tokyo

国際音楽祭「プラハの春」開催時期に合わせ、チェコセンターと駐日チェコ共和国大使館が行うコンサートも今年で4度目となりました。チェコの作曲家ボフスラフ・マルチヌーの没後60年の今年は、弦楽ユニットのマルチヌー・カルテットを招き、マルチヌーの作品を中心にお届けしました。

ビデオ

Video placehodler